トップ俳優、監督、シリーズ。好みで映画を探すビミョーな映画をサクっとレビュー

ビミョーな映画をサクっとレビュー(7作品) 

「う〜ん、なんだかなあ」という映画をサクっと紹介していくコーナーです。決してレビューするのが面倒くさくなったというわけではありません。

紹介作品

1.ハイランダー 悪魔の騎士

2.グリマーマン

3.沈黙のテロリスト

4.ゾンビ処刑人

5.処刑人

6.処刑人2

7.復讐捜査線

1.ハイランダー 悪魔の騎士

ハイランダーDVDイメージ
1986年/アメリカ・イギリス/116分/アクション
原題/Highlander
監督/ラッセル・マルケイ
音楽/マイケル・ケイメン 主題歌/クイーン
出演/クリストファー・ランバート、ショーン・コネリー、クランシー・ブラウン



あらすじ

首を斬られない限りは死なない不死身の騎士が現代でいきなり西洋チャンバラをする。

レビュー

管理人は「冒頭でバク転しながら逃亡する敵役」と「ショーン・コネリーの爽やか砂浜ダッシュ」で盛大に笑いました。あと、クイーンの挿入歌が何気にカッコいいです。シリーズ作品にもなっているみたいです。



悪役、バク転中。走って逃げた方が速いやろが。

2.グリマーマン

グリマーマンDVDイメージ
1996年/アメリカ/91分/サスペンス
原題/The Glimmer man
監督/ジョン・グレイ
音楽/トレヴァー・ラビン
出演/スティーブン・セガール、キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ、ボブ・ガントン



あらすじ

セブンよろしく、セガールが猟奇殺人犯を追いかける。でも途中で飽きたのか、結局はセガール拳で皆殺しにしておしまい。


レビュー

この映画、ファンの間ではセガールが負傷する(鼻血)ということで有名なんですよね。セガールは相変わらず無敵のように強いです。特に、弱い者イジメにしか見えないラスボス戦は必見。

ただし、ストーリーはまったくもって面白くありません。

ちなみにグリマーマンとは、「気づかれないよう、一瞬で相手を倒す男」という意味で、劇中であまりに強いセガールにつけられた通り名だそうです。

3.沈黙のテロリスト

沈黙のテロリストDVDイメージ
2001年/アメリカ/100分/アクション
原題/Ticker
監督/アルバート・ピュン
出演/トム・サイズモア、スティーブン・セガール、デニス・ホッパー



あらすじ

家族を殺された過去を持つ警官(トム・サイズモア)が爆弾処理班(セガール)の手を借りて爆弾魔と戦う。

レビュー

史上まれに見るちっとも面白くない映画。セガールがあんまりふるわないなあ・・と思っていたら脇役だった。悪役デニス・ホッパーのありえない最後が唯一の笑いどころなのかもしれません。

4.ゾンビ処刑人

ゾンビ処刑人DVDイメージ
2009年/アメリカ/117分/ホラー?/R−15指定
原題/The Revenant
監督・脚本・製作/ケリー・プリオー
出演/デヴィッド・アンダース、クリス・ワイルド、ルイーズ・グリフィス



あらすじ

イラクで戦死したはずの主人公がどういうわけかゾンビになって生き返る。不死身は不死身なんだけど、人の生き血をすすらないと死ぬから、ノリで悪者たちをブチ殺し、ついでに生き血をすする「夜回りガンマン」になる。


レビュー

クスっと笑えるブラックジョークや、最後にはちょっとした感動もあります。でも、罪もない人たちが意味もなく「ハイ、ここ笑うトコですよー」というノリで殺されることだけはいけません。

5.処刑人

処刑人1DVDイメージ
2000年/アメリカ/110分/アクション
原題/The Boondock Saints
監督・脚本/トロイ・ダフィー
出演/ショーン・パトリック・フラナリー、ノーマン・リーダス、ウィレム・デフォー



あらすじ

敬虔なクリスチャンであるイケメン2人組ことマクマナス兄弟が、神に代わって悪者どもを成敗する。

レビュー

アクションは銃を2丁拳銃で撃つだけで単調、ストーリーもイマイチ。

でも、レオンのゲイリー・オールドマンを思わせる「FBI捜査官役のウィレム・デフォーの怪演」だけは素晴らしいのひとことです。「ウィレム・デフォーのための映画」とも言えますね。

6.処刑人2

処刑人2DVDイメージ
2009年/アメリカ/117分/アクション
原題/The Boondock Saints 2:All Saints Day
監督・脚本/トロイ・ダフィー
出演/ショーン・パトリック・フラナリー、ノーマン・リーダス、ビリー・コノリー



あらすじ

前作から8年後。オヤジと家族3人でのんびりと引きこもっていたら、ニセモノが現れた。悪人どもを成敗する正義の処刑人・マクマナス兄弟の復活である。


レビュー

アクション、ストーリー共に相変わらず単調でワクワクしない。前作で猛威をふるったウィレム・デフォーも1シーンしか登場しない。

とはいえ、「バックで流れる讃美歌とロックを混ぜたような音楽」と「スローモーション演出」のおかげで、ラストバトルだけはカッコいいです。そしてそして何よりも、ビリー・コノリー演じるヒゲもじゃ父ちゃんが渋い。とにかく渋い。

ちなみに、このシリーズはコアなファンが多いみたいです。好みがわかれる映画なのかもしれませんね。

7.復讐捜査線

復讐捜査線DVDイメージ
2010年/アメリカ・イギリス/116分/サスペンス
原題/Edge of Darkness
監督/マーティン・キャンベル「007カジノ・ロワイヤル」
音楽/ハワード・ショア
出演/メル・ギブソン、レイ・ウィンストン、ダニー・ヒューストン



あらすじ

娘を殺されたアウトロー刑事メル・ギブソンが犯人さがし&盛大に復讐。

レビュー

メル・ギブソン以外の登場人物が薄っぺらく、イマイチ感情移入できません。

とはいえ、最終盤で「メルが復讐鬼となって敵アジトに突撃するシーン」はなかなか見ごたえがありました。加えて、エンディングで流れる挿入歌が素晴らしいです。

ちなみに、メルの復讐劇ならペイバックが面白いです。


挿入歌:Oksaba Grigorieva/Say My Name

アーティスト名は「オクサナ」もしくは「オクサーナ」と読むそうです。この人はメルの元カノらしいです。



スポンサーリンク



関連記事
ビミョーな映画をサクっとレビューその2
ビミョーな映画をサクっとレビューその3
脳筋・B級・バカ映画おすすめ10選
脳筋・B級・バカ映画おすすめ10選その2
ラストが衝撃的な映画10選



トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ