トップ俳優、監督、シリーズ。好みで映画を探すビミョーな映画をサクっとレビューその2

ビミョーな映画をサクっとレビューその2(7作品) 

「う〜ん、なんだかなあ」という映画をサクっと紹介していくコーナーです。決してレビューするのが面倒くさくなったというわけではありません。

紹介作品

1.ヘルライド

2.板尾創路の脱獄王

3.八つ墓村

4.トゥルー・ロマンス

5.バタリアン2

6.永遠の僕たち

7.きみに読む物語

1.ヘルライド

ヘルライドDVDイメージ
2008年/アメリカ/83分/バイオレンス/R−15指定
原題/Hell Ride
監督・脚本・製作/ラリー・ビショップ
製作総指揮/クエンティン・タランティーノ
音楽/ダニエル・ルッヒ
出演/ラリー・ビショップ、マイケル・マドセン、デニス・ホッパー、ヴィニー・ジョーンズ、デビッド・キャラダイン



あらすじ

バイカー(バイクに乗ったギャング)同士の争い&ちょい復讐劇。

レビュー

「イージーライダー」のデニス・ホッパー、キル・ビル Vol.2のデビッド・キャラダイン、ミーン・マシーンのヴィニー・ジョーンズと、出演俳優が豪華。

ストーリーはちっとも面白くないんですけど、タランティーノが絡んだおかげなのか、グロとおっぱいとお尻成分だけはムダにハンパないです。

何よりもテキサスっぽい音楽がカッコ良いですね。サントラが出ていないのが惜しまれます。タランティーノ好き、音楽好き、バイク好きには一見の価値アリ


イメージ

2.板尾創路の脱獄王

板尾創路の脱獄王DVDイメージ
2010年/日本/94分/コメディ
監督/板尾創路(初監督作品)
出演/板尾創路、國村隼





あらすじ

戦前の昭和初期。捕まっては脱獄を繰り返す板尾と彼に興味を持った看守・國村隼の話。

レビュー

脱獄と逮捕の繰り返しだけで「映画としての面白さを期待した」私には残念ながらイマイチでした。良かったところは、いろんな脱獄方法を楽しめたことと、ラストのオチが面白かったことでしょうか。

板尾の独特の笑いが好きな人なら楽しめるのかもしれませんね。10数件ではありますが、Amazonのレビューでもなかなか好評です。

3.八つ墓村

八つ墓村DVDイメージ
1977年/日本/151分/サスペンス
英題/Village Of The Eight Tombs
監督/野村芳太郎、脚本/橋本忍
原作/横溝正史
音楽/芥川也寸志(あくたがわやすし)
出演/萩原健一、渥美清、小川眞由美、山本陽子



あらすじ

戦国時代。毛利氏との戦いに敗れた尼子の落ち武者を報奨金に目がくらんだ地元の農民がだまし討ちした。落ち武者は「末代まで祟ってやる」と叫び絶命した。以降、村の権力者が発狂する事件が相次ぎ、村は「八つ墓村」と呼ばれるようになった。現代。村の盟主の血を引く主人公は謎の連続殺人事件に巻きこまれる。


レビュー

真犯人は比較的予想しやすい人物ではあるものの、少しずつ真相が明かされていく流れはなかなかに面白いです。

ただ、主人公こと萩原健一が真犯人に追いかけられて大ピンチになっているのに、金田一耕介(渥美清)が知らんぷりして推理を続けることには納得がいきません。

とはいえ、芥川也寸志のオーケストラ音楽は素晴らしいのひと言。

何よりも、岡山県で実際にあった「津山三十人殺し事件/wiki」が元ネタと言われる、「トチ狂ったおっさんが日本刀と猟銃を背負って繰り広げる殺戮ショー」は鳥肌モノの恐ろしさです。


イメージ
昭和初期の農村でこんなフル装備のおっさんに追いかけられることを想像するだけで怖い。

4.トゥルー・ロマンス

トゥルーロマンスDVDイメージ
1933年/アメリカ/124分/バイオレンス
原題/True Romance
監督/トニー・スコット「マイ・ボディガード」
脚本/クエンティン・タランティーノ
音楽/ハンス・ジマー
出演/クリスチャン・スレーター、パトリシア・アークレット、デニス・ホッパー、ゲイリー・オールドマン


あらすじ

ごく普通のさえない青年がコールガール(娼婦)をしている少女と出会ったことで、退屈な日常が刺激的な毎日に変わっていく。

レビュー

私は途中から「ただの調子に乗ったチンピラ」になる主人公に激しくイラついてしまい、楽しむことができませんでした。

とはいえこの映画、ゲイリー・オールドマンやブラッド・ピットなど、今では考えられないくらいに出演俳優が豪華なんです。そんな彼らを惜しげもなく使い捨てる「ぜいたくなムダ遣い」がタランティーノらしくて良かったです。

大御所ハンス・ジマーのテーマ曲「You're So Cool/youtube」も素晴らしい限り。


イメージ
「ぐうたら兄ちゃん役」のブラッド・ピット。「誰がどう考えても、他の人でも良さそうなどうでもいい役」を大物が演じるというセンスがステキです。

5.バタリアン2

バタリアン2DVDイメージ
1987年/アメリカ/89分/ホラー
原題/Return of the Living Dead Part II
監督/ケン・ウィーダーホーン
出演/マイケル・ケンワーシー、マーシャ・ディートレイン、ダナ・アシュブルック、トム・マシューズ、ジェームズ・カレン



あらすじ

「245トライアクセン」というガスが流出し、ガスを浴びた死者が脳みそを食べるゾンビになった。

レビュー

ストーリー・ギャグ共にキレイにまとまっていた前作バタリアンと比べてコチラはかなり雑です。ストーリーはツッコみどころ満載、ギャグは「はい、ココ笑うトコですよー」という感じのものばかりです。

私にはハッキリ言ってちっとも面白くありませんでした。

でも、「前作で死んだキャラの俳優が似たような役で出演し、前作を思わせるセリフを言っていたシーン」には思わずクスっとなりました。


イメージ
字幕から漂うヤケクソ感がいいですね。

6.永遠の僕たち

永遠の僕たちDVDイメージ
2011年/アメリカ/91分/ドラマ
原題/Restless
監督/ガス・ヴァン・サント「グッド・ウィル・ハンティング」
音楽/ダニー・エルフマン
出演/ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮



あらすじ

心に傷を持つ青年イーノックと末期ガンの少女アナベルの切ない恋。イーノックは幽霊と話すことができ、日本人の幽霊ヒロシと仲良しである。

レビュー

デニス・ホッパーの1人息子ヘンリー・ホッパー主演作品。

デートをしたり、ケンカをしたりと、主役2人がとにかくラブラブです。思春期のカップルを覗き見ているような気分にもなりますね。加瀬亮演じる幽霊ヒロシも実にいい味を出していました。

同監督の映画グッド・ウィル・ハンティングが好きな人や中学〜高校生の時に大恋愛をしたことがある人なら楽しめると思います。

でも悲しいかな、管理人にはそんな甘酸っぱい思い出はちっともありませんので、なんともビミョーな映画でしたね。

ちなみにこの映画、サントラは発売されていないのですが、冒頭で流れるビートルズの「Two of Us」をはじめ、音楽がかなり良いです。


イメージ
初めてのチュウ。「ハイハイ、ごちそうさま」という感じですね。ああ、うらやましい。

7.きみに読む物語

きみに読む物語DVDイメージ
2004年/アメリカ/123分/ドラマ
原題/The Note Book
監督/ニック・カサヴェテス、原作/ニコラス・スパークス、音楽/アーロン・ジグマン
出演/ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・ガーナー、ジーナ・ローランズ、ジョアン・アレン



あらすじ

老人デュークは、認知症の女性にある物語を読み聞かせる。物語は1940年、青年ノアと少女アリーの出会いから始まる。

レビュー

どこかのサイトでおすすめの泣ける映画と紹介されていたので鑑賞しました。

カップルがキャッキャウフフしているジャケット画像からも想像できるように、先ほど紹介した「永遠の僕たち」とおなじく、「思春期の男女の甘酸っぱい恋愛映画」という感じですね。

そんなセピア色の思い出なんて皆無の管理人は「リア充爆発しろ」と唇をかみしめながら見ていました。デュークと認知症女性のからみをはじめ、恋愛以外の盛り上がりどころもあるんですけど、私は盛り上がる前に唇をかみ切っていました。

そんなわけで本作は、中学〜高校生の時に大恋愛をし(ry

そうそう、個人的には、アリーのお母さんの「心を鬼にしてでも、娘のためになることをする」という、「大人になってからでないと気づけない親の愛情」が印象に残りました。というか、お母さんを演じたジョアン・アリーの演技が上手すぎます。


イメージ
マット・デイモンの「ボーンシリーズ」でパメラ・ランディの役をしていた女優さんですね。



スポンサーリンク



関連記事
ビミョーな映画をサクっとレビュー
ビミョーな映画をサクっとレビューその3
脳筋・B級・バカ映画おすすめ10選
脳筋・B級・バカ映画おすすめ10選その2
ラストが衝撃的な映画10選



トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ