トップは行/★☆☆/アクション・SFバレッツ

バレッツ

肝心の本編はイマイチなんだけど、ブチ切レたジャン・レノは大迫力。

DVDイメージ
2010年/フランス/117分/アクション/Rー15指定
原題/22Bullets
監督/リシャール・ベリ

あらすじ

フランス。シャルリはマフィアのボスを引退して、愛する家族と平穏な日々をすごしていた。ある日、シャルリは何者かの襲撃を受け、全身に22発の弾丸を浴びる。奇跡的に一命を取りとめたシャルリは犯人をつきとめる。「復讐はしません」。始めは報復をする気がないシャルリであったが、仲間と家族の身に危険が迫った。シャルリの怒りが爆発した。

フランスのマフィア・ジャッキー・アンベールの実話に基づいたストーリー。

出演
ジャン・レノ=シャルリ かつてはマルセイユの街を支配していた。

感想

あらすじを読んで「レオンのようにジャン・レノが大暴れしてくれるかな?」と期待して鑑賞したんですけど、これはちょっと期待が大きすぎたみたいですね。
面白くないわけではないんですけど、全体的にメリハリが少なくて印象が薄かったです。

ハイライトは中盤のジャンレノブチ切れ→敵ビビリまくり→敵瞬殺の流れです。
ここだけはテンションが上がりました。

このシーンのジャン・レノからは「この男だけは「キレさせたら負け、この男をキレさせたらおしまいだよ!」てな感じの威圧感がたっぷりです。

ジャン・レノのファンやマイ・ボディガードのような復讐劇が好きな方なら、それなりに楽しめると思います。
なお、マフィア映画らしく拷問やリンチなどの残酷な描写があるので、苦手な方はご注意ください。

というか、元ネタの詳細ってどこでわかるんでしょうか?調べてみてもジャッキー・アンベール氏の名前くらいしかわからないのですよね。


作品オススメ度 ★☆☆ イマイチ

関連作品
ニキータ
WASABI(ワサビ)
片腕マシンガール 復讐劇。

洋画アクション〜へ|★☆☆へ








トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ