トップか行/★★☆/アクション・SFキャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー 

アクションよりも笑いのセンスが素晴らしい、アメコミ原作のヒーローアクション。

DVDイメージ
2011年/アメリカ/123分/アクション
原題/Captain America:The First Avenger
監督/ジョー・ジョンストン「ジュマンジ」
音楽/アラン・シルヴェストリ

あらすじ

1942年3月、第2次大戦中のアメリカ。ガリガリで病弱な青年スティーブは兵士の志願試験に何度も落ちていた。そんなスティーブのひたむきな姿が科学者・アースキン博士の目にとまる。博士はスティーブを「スーパーソルジャー計画」の被験候補者として軍に迎え入れる。

出演
クリス・エヴァンス=スティーブ・ロジャース
ヘイリー・アトウェル=カーター/スティーブの上官その1
トミー・リー・ジョーンズ=大佐/スティーブの上官その2
ヒューゴ・ウィーヴィング=レッドスカル/ナチの将校 マトリックスでエージェントの役をしていた人。

感想

アメコミの原作をまったく読んでいない状態で鑑賞したのですが、原作を知らないから話が分からないといったこともなく、なかなかに楽しめました。この映画はストーリーやアクションよりも、笑いのセンスのほうが光っていますね。

なんと言っても、上官のトミー・リー・ジョーンズが無表情で淡々とエゲツない発言を言い放つ様が最高にシュールで面白かったです。

その他にも、終盤でザコ兵士が戦闘機から情けない悲鳴をあげながら吹っ飛んでいくシーンなど、「ど、どうしよう?笑っていいのかな?」という感じの後でジワジワくる笑いがたっぷりです。

とまあ笑いはさておき、本来はムキムキマッチョ体型のクリス・エヴァンスを話の都合上、CGか何かの映像技術でガリガリに見せているのも、よく考えるとけっこうスゴいことだと思うんですよね。

逆のパターンは簡単にできそうなのですが、実際問題、「どうやって撮影しているんだろう?」と思います。

映画の世界観は突っこみどころが満載で、「これ、第二次大戦中っていう設定の意味がないよね」というくらいにハイテク兵器がじゃんじゃん登場します。スターウォーズよろしく、2012年現在でも存在しないレーザー銃まで出てきます。

以上、本作は本編そのものよりもギャグや演出など、それ以外の部分が光る映画です。

ちなみに、エンディング終了後にはアイアンマンらアメコミヒーローたちのお祭り映画アベンジャーズの予告もあります。


作品オススメ度 ★★☆ 楽しめた

関連作品
マイティ・ソー
沈黙の戦艦 トミー・リー・ジョーンズが悪役。
キック・アス アメコミ原作。
イングロリアス・バスターズ ブラピVSナチ兵士。
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦

洋画アクション〜へ|★★☆へ




中盤やエンディングで流れるテーマ曲「Star Spangled Man」はサントラの26曲目に収録されています。




トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ