トップか行/★★☆/ドラマ・コメディコーヒー&シガレッツ

コーヒー&シガレッツ

まさにコーヒーとタバコを味わうためだけにある映画。流すようにまったりといきましょう。

DVDイメージ
2004年/アメリカ、イタリア、日本/97分/コメディ
原題/Coffee And Cigarettes
監督/ジム・ジャームッシュ「ナイト・オン・ザ・プラネット」
音楽/トム・ウェイツ

あらすじ

11組のコーヒーとタバコを交えた何気ない世間話。オムニバス形式。

1.変な出会い ロベルト・ベニーニ出演(ライフ・イズ・ビューティフルの人)

2.双子 スティーヴ・ブシェミ出演。

3.カリフォルニアのどこかで

4.それは命取り

5.ルネ

6.問題ナシ

7.いとこ同士 ケイト・ブランシェット出演(バベルの人)

8.ジャック メグにテスラコイルを見せる

9.いとこ同士?

10.幻覚 ビル・マーレイ出演(ゴーストバスターズの人)

11.シャンパン

感想

この映画の最大の魅力は、全編モノクロで構成された映像をはじめ、バックで流れる音楽やインテリアなど、統一感のあるレトロな雰囲気がとてもおしゃれなことです。

肝心の話自体は「ありふれた、ただの世間話を垂れ流しているだけ」です。でもそれがなかなかどうして、意外と楽しめるんです。

「私たちが普段楽しいと思ってしている会話も、はたから見たらこの映画みたいに面白くも何でもないものなんだろうなぁ」と思ったり、「あっ、これは何となくわかる!」と共感したり。

出演俳優が本人の名前そのまんまで出演していることも特徴で、一般人が偶然ビル・マーレイに遭遇するエピソード10では、実際に有名人に出くわしたことを想像しながら、「あっ、こういうの、ありそう!」とププッと笑ってしまいました。

話が11組もあるので、上記以外にもどれか1つは「あぁ、あるある」と感じるエピソードが見つかると思います。
個人的には、エピソード2に出オチ感とエピソード5の「女性ルネが1人でのんびりと読書をしている最中に何度も給仕にくるウェイターの必死さ」がツボでした。

休日の午後にでも、流すように見るといい気分になれそうな映画ですね。

なお、タイトルでわかると思いますが、禁煙中の方は間違っても見ないようにしましょうね。コーヒーとタバコの相性は最高ですから(笑


作品オススメ度 ★★☆ 楽しめた

関連作品 まったり見れる映画。
ダージリン急行
スモーク
スティング
ロック、ストック
ロスト・イン・トランスレーション

洋画ドラマ〜へ|★★☆へ







トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ