トップた行/★★☆/アクション・SFダークナイト ライジング

ダークナイト ライジング 

バットマンの最後の戦いを期待して見たのに、いつの間にかキャットウーマンのお尻ばっかり見ていた件

BRイメージ
2012年/アメリカ・イギリス/165分/アクション
原題/The Dark Knight Rises
監督/クリストファー・ノーラン
音楽/ハンス・ジマー
シリーズ第3作(全3作)
キャッチコピー「一線を越えた、最後の戦い」「伝説が、壮絶に、終わる」

あらすじ

ジョーカーとの戦いから8年。バットマンことブルース・ウェインは前回の戦いで心身ともにボロボロになり、屋敷に引きこもっていた。
ある日、ブルースは屋敷で行われたパーティーでセリーナという女泥棒に指紋を盗まれてしまった。ブルースはセリーナのことを調べていくうちにある男の存在にたどりついた。
男の名はベイン。ブルースと同じ影の同盟出身で、ラーズ・アル・グールの弟子でもあった男だ。

出演
クリスチャン・ベール=ブルース・ウェイン/バットマン
トム・ハーディ=ベイン
アン・ハサウェイ=セリーナ・カイル/キャットウーマン
ゲイリー・オールドマン=ゴードン本部長 ジョゼフ・ゴードン=レヴィット=ジョン・ブレイク マイケル・ケイン=アルフレッド執事 モーガン・フリーマンフォックス マリオン・コティヤール=ミランダ・テイト

感想

悪役ベインがジョーカーに比べるとただの子悪党だったり、途中でどうでもいいようなどんでん返しがあったり、ストーリーにツッコみどころが満載だったりと、いろいろ気になるところはあるものの、大作というだけあってか、なんだかんだで面白かったです。

開始45分頃のバットマン復活シーンでは、バットマン専用バイクや専用ヘリを使ったド派手なカーチェイスを楽しめます。それまで待たされた感もあってか、ここでのカーチェイスはかなりテンションが上がります。

ベインにやりたい放題され、絶望感に叩き落とされてからの逆転劇も熱いです。

特に今回は、ゲイリー・オールドマンことゴードン本部長がかなり頑張っていました。中でも、最終盤でのビギンズの回想シーンは涙モノです。

おじいちゃん執事アルフレッドも全力で泣かせにかかってきます。私はラストシーンで思わず泣いてしまいました。

そしてそして何よりも、黒スーツにヘンなゴーグルをつけたツンデレ女・キャットウーマンことアン・ハサウェイ(のお尻)が美しすぎなんですよ。

しかも彼女、途中でバットマンのバイクに乗るんですけど、バットマン以上に似合っているんですよね。その上、メチャ強いし。

「ストーリー上のおいしいところはバットマンが全部持っていくんですけど、アクション映画としてのおいしいところはほとんど彼女が持っていく」といっても言いすぎじゃないくらいの大活躍です。

165分とかなり長いのに、長さを感じさせないストーリー展開もさすがです。

それにしても、バットマン ビギンズダークナイトと続いたシリーズもついに終わりかあ・・と思うとさびしくなりますね。


イメージ1
ゴッサムシティではコスプレが流行っているんですね。


関連動画
シリーズのテーマ曲という感じですね。ムチャかっこいいです。


作品オススメ度 ★★☆ 楽しめた

関連作品
アベンジャーズ アメコミ原作。
ウォルター少年と、夏の休日 マイケル・ケイン出演。
マシニスト クリスチャン・ベール主演。
ゲット・スマート アン・ハサウェイ出演。
マイティ・ソー

洋画アクション〜へ|★★☆へ



<Amazon>
ダークナイト ライジング [DVD]
バットマンvs.ベイン (ShoPro Books)


サントラについて
国内盤 輸入盤

効果音のみのスコアです。今回は前2作まで一緒に曲作りをしていたジェームズ・ニュートン・ハワードがいなくなり、ハンス・ジマーの単独アルバムになっています。




トップへ|ページ上部へ|投稿日:2013/1/7

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ