トップた行/★★★/アクション・SFデス・レース 

デス・レース

床を踏んだらアイテムやトラップが。「それって、まんまマリ○カー○じゃないですかー」

DVDイメージ
2008年/アメリカ/111分/アクション
原題/Death Race
監督/ポール・W・S・アンダーソン「エイリアンVSプレデター」
音楽/ポール・ハスリンジャー

あらすじ

近未来、アメリカ。元レーサーのエイムズは妻殺しの濡れ衣を着せられ、投獄された。刑務所では改造車を利用した命がけのレース「デス・レース」が大流行していた。レースで5勝した囚人は褒美として刑務所から釈放される。
エイムズはかつてレースに4勝しながらも事故死した覆面の囚人・フランケンシュタインの代わりとしてデス・レースに出場する。



出演
ジェイソン・スティサムジェンセン・エイムズ
ジョアン・アレン=ヘネシー刑務所長
イアン・マクシェーン=コーチ
タイリース・ギブソン=マシンガン・ジョー
ナタリー・マルティネス=ケース

感想

あらすじをぱっと読んで「まあ、よくあるB級映画だろうな。それなりに面白かったらいいか〜」てな感じの上から目線で鑑賞したんですけど。


いやいやいや、気分爽快、かなり面白かった! (゚∀゚)


何といっても、映画のタイトルでもあるデスレースですよ。

このレースでは、剣とか盾とかドクロとか、道路にいろんなマークが出現するんです。
で、そのマークを踏んだらマシンガンが使えるようになったり、後ろの車を妨害するための煙幕が出せるようになったりと、いろんなことができるようになるんですね。


しかも、前輪と後輪を合わせた4つ、すべてのタイヤできれいに踏まないとアイテムがとれないという。


もう、この設定が任○堂の某有名カーアクションゲームそのまんまなんですよ。

アイテムの争奪戦だけではなく、改造しまくったイカツい車どうしがぶつかり合う、激しいカーチェイスもなかなか見ごたえがありました。


中でも、「戦艦(ドレッドノート)」という超強い装甲車とのバトルは必見。


「主役のスティサムはいつもどおりでクール&格好いい、ヘネシー刑務所長(ジョアン・アレン)は腹黒い役どころがナイス」など、登場人物も魅力たっぷりでした。


やり手のキャリアウーマンという感じ。



ヒロイン役のナタリー・マルティネス。目鼻立ちがはっきりしている、とってもきれいな女優さんですね。


カーチェイスが面白いうえ、ストーリーもわかりやすくテンポも良いと、言うことナシです。とってつけたような超テキトーなラストもグッド。

「何かスッキリできる映画が見たい!」なんてときにどうぞ〜。




作品オススメ度 ★★★ おすすめ

関連作品
トランスポーター ジェイソン・スティサムといえばコレ。
ミーン・マシーン 囚人が看守とサッカー。
ミニミニ大作戦
スナッチ
ゴーストライダー

洋画アクション〜へ|★★★へ







トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ