トップあ行/★★★/サスペンス・ホラー永遠のこどもたち

永遠のこどもたち

息子シモンを思う母ラウラの悲しいまでに大きな愛情は涙モノ。子供がいるお母さんに。
DVDイメージ

2008年/スペイン・メキシコ/108分/ホラー
原題/El Orfanato
監督/J・A・バヨナ
製作総指揮/ギレルモ・デル・トロ

あらすじ

子供の頃に孤児院で育ったラウラは、閉鎖された孤児院を買い取り、夫カルロスと息子シモンの3人で移り住んだ。孤児院を買い取ったのは、障害を持つ子供たちのための施設にするためである。
息子のシモンは生まれつき難病を抱え、「お友達が見える」と言っては1人遊びばかりしていた。数日後。施設の開園パーティーの日にシモンが行方不明になってしまう。

出演
ベレン・ルエダ=ラウラ
フェルナンド・カヨ=カルロス
ロジェール・プリンセプ=シモン
モンセラート・カルーヤ=ベニグナ

感想

どこかのレビューサイトで「泣ける、感動した」と絶賛されていたことがきっかけで鑑賞しました。

良かったです。この映画は幽霊や怪物が出てくるホラーというよりは、母親から息子への大きな愛を描いた物語ですね。かく言う私も、見終わった後に思わずポロっと泣いてしまいました。

行方不明になった息子シモンをあきらめずに探し続ける母ラウラの姿からは、「親って子供のためなら何でもするんだろうなあ」ということを改めて思いました。

私のような独身の男よりも、お子さんがいる人の方が「ただ息子のことを思い続ける母ラウラのひたむきでけなげな姿」に共感できるんだろうなあと思います。

シックス・センスを思わせるような、ちょっとしたどんでん返しもあります。以上、ホラーというよりは、ヒューマンドラマを見るつもりで鑑賞するのが良さそうな映画です。

個人的には、ソーシャルワーカーのベニグナっておばあちゃんが、中盤で披露してくれる渾身の顔芸がツボでした。


作品オススメ度 ★★★ おすすめ

関連作品
仄暗い水の底から ママ・・
エスター お母さん・・
オーロラの彼方へ 父と息子と
スペル おばあちゃんの呪い
おすすめレンタル映画15選

洋画サスペンス〜へ|★★★へ







トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ