トップあ行/★★★/アクション・SFイコライザー

イコライザー

圧倒的な強さでマフィアを蹴散らしていくデンゼル・ワシントンがたまらない (゚∀゚)

ブルーレイジャケット
2014年/アメリカ/132分/アクション 
原題/The Equalizer
監督/アントワーン・フークア
音楽/ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

あらすじ

アメリカ、ボストン。ホームセンターで働く主人公ロバートは夜、行きつけのカフェで読書をするのが日課になっていた。ロバートはカフェでアリーナという娼婦と顔見知りになり、他愛のない会話を続けるうちにいつしか2人は友人のような間柄になっていた。
ある日、アリーナが雇い主の男スラヴィに殴られ、大けがをして入院してしまう。スラヴィはロシアンマフィアの一味であった。
アリーナにこれ以上手出しをさせないようにするため、意を決したロバートはスラヴィの店を訪ねるが・・。

1
ロバート「9800ドルあげるから、彼女を自由にしてくれ」マフィア「嫌じゃボケっ」ロバート「仕方がない」

出演
デンゼル・ワシントン=ロバート・マッコール
マートン・ソーカス=テディ
クロエ・グレース・モレッツ=アリーナ(テリー)
ジョニー・スコアーティス=ラルフィ

感想

凄まじい経歴を持つ超強い主人公デンゼル・ワシントンが過去にたくさんの人を殺めてしまったことを悔い、素性を隠してひとり静かに暮らしていたけど、アリーナや職場の同僚ラルフィなど、大切な人を守るために今一度その超絶的な力を使って悪と戦うぞ!という映画です。

私はレオンマイ・ボディガードのような、無口な主人公がヒロインを守るために戦う映画が大好きなのですが、本作はまさにそういった内容で、主人公ロバートを演じるデンゼル・ワシントンの演技が役柄にバッチリ合っていたこともあり、すごく面白かったです。

なんと言っても、あの手この手でマフィアを華麗に始末していく、ロバートの圧倒的な強さが爽快でした。

あらすじで少し触れている、開始30分すぎにロバートがスラヴィの店で戦闘するシーンでは戦闘開始前にマフィア5、6人を「16秒だ」と宣言し、その結果19秒で全員を始末します。

敵の銃をあっさり奪い瞬時に反撃する、近くに置いてあったグラスをマフィアの顔面に突き刺すなど、戦い方も実に見事でした。

2
ワインのボトルを開ける器具を相手の喉元にブチこむなんて場面も。こんなん喉に刺されたら痛いなんてもんじゃなさそう。


終盤で主人公の職場であるホームセンターを舞台にマフィアと戦闘するシーンでは、ロバートが有刺鉄線や砂利など、ホームセンターの商品を駆使して戦っているのが見ていて楽しかったです。

特に開始1時間45分あたりからの数分間は、バックで流れていた音楽(Zack HemseyのVengeance / youtube)が鬼のように格好よかったこともあり、映画を見終わった後にこのシーンだけもう一度見てしまうくらいに面白かったです。

また、ホームセンター内での戦闘中にロバートがわざと分かりやすい罠を仕掛ける⇒それに気づいたマフィアが「へっ、こんなのに引っかかるかよ」と罠を避ける⇒油断したマフィアの後頭部を背後で待ち伏せしていたロバートが電動ドリルで撃ちぬくという場面があるのですが、ここでのあまりにもお約束すぎる「志村、うしろー!」というコントのようなノリがツボにハマり、思わず声を出して笑ってしまいました。

ボケて
イメージとしてはこんな感じ。いやまあ実際には、後頭部にドリルを撃ちこまれているので、それなりにエグいシーンではあるのですが。


2010年公開の映画キック・アスでは11歳の少女役だったクロエ・グレース・モレッツが本作では娼婦を演じるくらいにまで成長していたのには驚きました。

3
時間がたつのって早いですね。


4
なんだ、このけしからんムチムチボディは!(私はスタイル抜群のスリムな女性よりもこのくらいのちょいポチャ体型の方が好みなのですが、みなさんはどうですか?)


5
しかし、かわいくなりましたねえ。序盤とエンディングくらいしか出番がないのが残念。


本作のボスにあたる敵ロシアンマフィアの幹部テディもなかなかいい味を出していました。

6
この人。悪役としての存在感は抜群にあったのですが、デンゼルがあまりにも強いせいでかすんで見えてしまったのが残念。


以上、いくらデンゼルが強いとはいえ、政府でさえ手が出せない大物ロシアン・マフィア組織をたった1人で余裕しゃくしゃくで壊滅させるのはどうなの?とか、細かい部分での突っこみどころは山ほどあるのですが、トータルとしてはすごく面白かったです。

気持ちの良いハッピーエンドで終わるのもグッド。スカっとしたいときにおすすめしたい映画です。

7


作品オススメ度 ★★★ おすすめ

関連作品
ザ・シューター/極大射程 アントワーン・フークア監督。
バトルフロント ジェイソン・スティサムが娘を守りながら戦う。
沈黙の鎮魂歌 家族を傷つけられたセガールの復讐。
96時間1、2 無敵のオヤジ・リーアムニーソン。
リベリオン 主人公が笑っちゃうくらいに強い。

洋画アクション〜へ|★★★へ







トップへ|ページ上部へ|投稿日:2016/1/14

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ