トップか行/★★☆/ドラマ・コメディゲット・スマート

ゲット・スマート

くだらないのが面白い、バカバカしさ全開の良作アメリカンコメディ。

DVDジャケット
2008年/アメリカ/110分/コメディ
原題/Get Smart
監督/ピーター・シーガル「裸の銃を持つ男 33 1/3」
音楽/トレバー・ラビン

あらすじ

アメリカ。マックスは極秘の諜報機関・コントロールで働く優秀な分析官である。
ある日、コントロールの本部が国際犯罪組織・カオスの襲撃を受け、現場エージェント全員の身元が知られてしまう。
分析官のため身元が割れていなかったマックスはエージェント86として、彼と同じくカオスに顔が知られていないエージェント99と組み、捜査をはじめるが・・。

1

出演
スティーヴ・カレル=マックス(エージェント86)
アン・ハサウェイ=エージェント99
ドウェイン・ジョンソン=エージェント23
テレンス・スタンプ=シーグフリード
アラン・アーキン=チーフ

感想

本作は1960年代にアメリカで放映されたスパイもののTVドラマ「それ行けスマート」の映画版です。

私は原作のドラマ未見の状態で本作を鑑賞したのですが、いいですねコレ。最初から最後まで至るところにくだらないギャグが仕込まれていて、久しぶりに映画で大笑いしました。

笑いのテイストとしては裸の銃を持つ男フライング・ハイのそれに近いですね。出てくるギャグはことごとく面白くないんですけど、その面白くないのがかえって面白いとか、そんな感じです。

2
テキトーな字幕とか。


3
ポーズをキメて格好つけて歩いていたら、この後壁にぶつかるとか。


そしてそして何よりもこの映画、マックスの相棒・エージェント99を演じたアン・ハサウェイがものすごく美しいんです。そんな彼女が制服やドレスなど、シーンごとに衣装を変えていくさまは大変目の保養になりました(笑


4
はじめは主人公と嫌々組んでいるんだけど、話が進むにつれて少しずつ仲良しに。


5
このドレス姿がね、またセクシーなんですよ。


6
アン・ハサウェイが華麗な脚さばきで赤外線レーザーをかわすという、サービスショット的な場面も。


この手の映画にはお下品な下ネタが多いんですけど、本作はそういった下ネタが比較的少なめだったのも良かったです。

私自身下ネタは大丈夫ですし、むしろ好きな方なんですけど、そうは言っても、あまりにも下ネタが多いとコメディを通りこしてただの下品な映画になってしまいますからね。

以上、サクっと見れてサクっと笑える、良作スパイコメディです。

7


個人的には、序盤で主人公が池の中にある秘密司令部に入るシーンと中盤で飛行機のトイレに入るシーンで死ぬほど笑いました。


作品オススメ度 ★★☆ 楽しめた

関連作品
Mr.&Mrs.スミス
ザ・シューター/極大射程
スパイキッズ
ナイト&デイ
ダークナイト ライジング アン・ハサウェイ出演

洋画ドラマ〜へ|★★☆へ







トップへ|ページ上部へ|投稿日:2014/10/31

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ