トップは行/★★☆/アクション・SFヘンゼル&グレーテル

ヘンゼル&グレーテル

「細かいことはいいんだよ!」ヘンゼルとグレーテルのスタイリッシュなアクションが格好いいだけで楽しめる、シンプルな娯楽ムービー。

BRイメージ
2013年/アメリカ・ドイツ/88分/アクション
原題/Hansel and Gretel:Witch Hunters
監督/トミー・ウィルコラ
音楽/アトリ・オーヴァーソン

あらすじ

中世ヨーロッパ。幼いヘンゼル&グレーテル兄妹は父親とはぐれ、森の中をさ迷い歩くうちにお菓子でできた家にたどりついた。2人はそこに住んでいた魔女に食べられそうになった。2人はその魔女をなんとか撃退した。2人はそれ以来、凄腕の魔女ハンター(賞金稼ぎ)として生きるようになった。15年後。とある町では子供の誘拐事件が多発していた。魔女ハンターの出番である。



出演
ジェレミー・レナー=ヘンゼル
ジェマ・アータートン=グレーテル
ファムケ・ヤンセン=ミュリエル/魔女
ピヒラ・ヴィータラ=ミーナ
トーマス・ヤン=ベンジャミン

感想

グリム童話で有名な「ヘンゼルとグレーテル兄妹」の15年後を描いた映画ですね。

グリム童話は小さいころに絵本でちょろっと読んだくらいで、ほとんど内容を憶えていないのですが、映画自体は「悪い魔女をブチのめして、誘拐された子供を助けるだけ」という分かりやすいストーリーだったので、そんな私でも問題なく楽しむことができました。


お菓子の家も登場。子供向けの絵本から連想させるような華やかなイメージとは違い、おどろおどろした不気味な雰囲気です。


この映画の見どころは、何といってもヘンゼル&グレーテル兄弟と悪い魔女との激しいバトルの数々です。魔女だから魔法ばかり使うというわけではなく、ヘンゼル兄妹と殴る、蹴るのガチンコの肉弾戦を披露してくれるのもグッド。


魔女だからもちろん、魔法も使うんだけど。



拳で戦った方が強そうに見える、肉体派の魔女さん。


この手の映画って、「主人公側が鬼のように強くて敵が弱い」というパターンが多いんですけど、本作の場合は「敵の魔女がけっこう・・というか、かなり強い」んです。
それが「主人公側が楽勝で勝ってばかりではなく、ちょくちょく苦戦する」という適度な緊張感を演出していてよかったです。

そうそう、中世ヨーロッパの閉塞感たっぷりの雰囲気も良かったです。


イメージ的には、本作と同じ中世ヨーロッパが舞台になった映画、ジョニー・デップ主演の「スリーピー・ホロウ」やヒュー・ジャックマン主演の「ヴァン・ヘルシング」のそれに近いですね。



「この人、魔女です!」な魔女裁判中。現実にこんなことをやっていた時代があるというのが怖い。



アンダーワールドリベリオンを思わせるような、スタイリッシュなアクションもチラホラ。



最後はチート性能の武器をふんだんに使い、筋肉ですべて解決。


以上、「何かアクションでも見てスッキリしたい!」なんてときにおすすめしたい、B級テイストあふれる映画です。




作品オススメ度 ★★☆ 楽しめた

関連作品
アベンジャーズ ジェレミー・レナー出演。
ウォンテッド これもアクションが格好いい。
キック・アス 〃

洋画アクション〜へ|★★☆へ



余談
本作以外にもヘンゼルとグレーテルを題材にした「ヘンゼルとグレーテル おそろし森の魔女」という映画があります。
本作とタイトルが似ているうえ、2013年製作と、映画がつくられた時期も近いので、間違えないようご注意くださいませ。

DVDイメージ
魔女が誘拐した人たちを太らせて、釜戸で焼いて食べるのだとか。



<Amazon>
ヘンゼル&グレーテル ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
Hansel & Gretel-Witch Hunters Music From The Motion Picture
大人のための残酷童話 (新潮文庫)




トップへ|ページ上部へ|投稿日:2013/11/3

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ