トップは行/★☆☆/邦画ハイキック・ガール!

ハイキック・ガール!

空手のプロモーションビデオが見たいワケじゃない、爽快感のあるアクションが見たいんや!

DVDイメージ
2009年/日本/81分/アクション
監督/西冬彦
音楽/見里朝生

あらすじ

松村空手道場に通う17歳の女子高生・土田圭は街中で強いと評判の空手家相手に道場破りまがいのケンカを繰り返していた。すべては師匠である松村先生に認めてもらい、黒帯を手に入れるため。そんなある日、土田は壊し屋と名乗る格闘集団組織からスカウトされる。

出演
武田梨奈=土田圭/本物の空手選手。公開当時17歳の現役女子高生
高橋龍輝=亮介/土田の友人
中達也=松村先生/本人は日本空手協会総本部師範
須藤雅弘=壊し屋幹部 街中で堂々と道場を開いている松村を10年以上も探していた。

感想

本作はタイの映画マッハ!を見た西冬彦監督が「日本でもこんな本格的なアクション映画を作ってみたい」と思ったことがきっかけで製作されたそうです。

しかし私はそんな製作者の想いなんて気にもとめず、「制服を着た女子高生が空手で戦う」って理由だけで鑑賞しました。いやいや、男ってそんなもんですよね。

でも悲しいかな、ちっとも面白くありませんでした。

というのも、この映画にはアクションの合間にしょっちゅうスローモーションが挿入されるんです。で、そのスローモーションが殺陣の流れをいちいち止めるので非常にテンポが悪いんですよ。

製作者の気持ちとしては「今の一撃スゴかったやろ?どや?」って感じなんでしょうけど、見ているコチラは頻繁に流れるスローモーションのせいで爽快感が皆無なんですよね。

本物の格闘家が多数出演、ノースタント・寸止めナシの本格的アクション」の謳い文句どおり、出演者の動きのキレは素人目で見てもスゴいと思います。
「本物のアクションを見せたい」という製作者の気持ちもわかるのですが、こっちはエンターテイメントとして映画を見ているのに、これでは空手のPVを見ている気分です。

せっかくプロの格闘家が集まっているのにこれはもったいないです。そして、我々男子の最後の希望もスパッツに

とはいえ、主役を差し置いて笑っちゃうくらい強い中達也師範だけは一見の価値があります。

作品オススメ度 ★☆☆ イマイチ

関連作品
カメレオン 邦画のアクションなら。
ダニー・ザ・ドッグ ジェット・リー出演。
カンフーハッスル

邦画へ|★☆☆へ



<Amazon>
ハイキック・ガール! [DVD]


サントラ、挿入歌について
     
サントラ シングル

真ん中のシングルには挿入歌「ハイキックガール/武田梨杏」が、右のアルバムには「FUTURE/ステファニー」が収録。




トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ