トップあ行/★★☆/アクション・SFインデペンデンス・デイ

インデペンデンス・デイ

何はなくとも、例の大統領演説がアツい。

DVDイメージ
1996年/アメリカ/145分/SF
原題/Independence Day
監督/ローランド・エメリッヒ「デイ・アフター・トゥモロー」
音楽/デヴィッド・アーノルド
アメリカ独立記念日は7月4日。

あらすじ

7月2日、独立記念日間近のアメリカ。世界中の主要都市に突然大型のUFOが出現し、街はパニックにおちいっていた。
その頃、放送局で働くデイヴィッドは、衛星通信のノイズを解読し、「彼らの目的が地球の侵略であること」に気づく。デイヴィッドは宇宙人との接触を試みている政府を止めるため、父ジュリアスと共にホワイトハウスへ向かう。

1

出演
ジェフ・ゴールドブラム=デイヴィッド
ビル・プルマン=大統領
ウィル・スミス=スティーヴン・ヒラー大尉
ジャド・ハーシュ=ジュリアス
マーガレット・コリン=コンスタンス、ヴィヴィカ・A・フォックス=ジャスミン
ランディ・クエイド=ラッセル・ケイス

感想

この映画はCMでのCG映像が大迫力だったことから、公開当時はかなり話題になりましたよね。

本作は私も以前に1度見たことがあるのですが、終盤の山場で流れるSF映画屈指の名シーン、「大統領の格好よすぎる演説」を無性に見たくなり、今回十数年ぶりに鑑賞しました。

感想ですが、難しいことを考えなくても楽しめる、アメリカ万歳、ハリウッド万歳の映画という感じで、時間分は十分に楽しめました。

ストーリーは「宇宙人侵略→宇宙人めっちゃ強い→地球ピンチ(;´Д`)→みんなの力を合わせて戦う!」という感じのシンプルかつ分かりやすい展開です。

では以下、先にあげた大統領演説以外の本作の見どころを簡単に。


・デイヴィッドの父・ジュリアスが実にいい味を出している。
2
天然っぽいキャラクターで、愛嬌があって良かったです。

さらにこのお父さん、ただの脇役にもかかわらず、「お前そんなに重要キャラじゃないだろ!」とツッコみたくなるくらいにいろんなところで登場するんですよ。

しかも、映画を見終わった後によく考えると「彼のセリフがなければ地球は滅んでいたかもしれない」という、ある意味で物語の最重要人物だったりします。

お互いのことを大切に思っている様子がひしひしと伝わる、父と息子のからみもグッド。
・戦闘機のエースパイロット、スティーヴンが面白かっこいい。
3
スティーヴン(ウィル・スミス)の「普段は口が悪く、調子がいいんだけど、やるときはやる男」というキャラ設定が良かったです。

特に中盤、宇宙人の戦闘機の攻撃を間一髪でかわしながら山岳の中を高速で飛行するシーンが格好良かったです。

スティーヴンの彼女・ジャスミンとのちょっとした人間ドラマもいい具合に映画を盛り上げていました。
・酒のみ中年親父ラッセル・ケイスの最終決戦での暴れっぷりが涙モノ。
4
このオヤジは自称「10年前にエイリアンにさらわれ、ずっと復讐の機会を待っていた」というかなりの変人なのですが、そんな変人が大切な家族を守るために大活躍するというのが良かったです。

特に最終盤の山場では、不覚にも見ていて胸が熱くなってしまいました。

以上、頭を使わなくても楽しめる内容なので、休日にビールでも飲みながらダラダラと見るのに良さげな映画です。

5


作品オススメ度 ★★☆ 楽しめた

関連作品
メン・イン・ブラックシリーズ VS宇宙人。
パラサイト 人体に寄生する宇宙人の侵略。
ランド・オブ・ザ・デッド 知能を持ったゾンビの侵略。
アビス 深海で宇宙人と遭遇。
デイ・アフター・トゥモロー ローランド・エメリッヒ監督。

洋画アクション〜へ|★★☆へ



小ネタ・雑談

レビューとは関係のない話なのですが、本編の序盤で大統領の補佐官・コンスタンスが突如出現したUFOのことでマスコミに質問攻めにあうシーンがあるんですね。

で、この時のコンスタンスがマスコミをかわすために言い放ったセリフ「What I can't hear you(何?よく聞こえないわ)」が彼女のやる気のなさそうなしぐさも相まって、「(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい」と言っているように見えてしまいました。

6
開始12分すぎのシーンです。こんなところで思わずフフッと笑ってしまったのは多分私だけ・・だと思う。気になる人は英語字幕版でどうぞ。




トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ