トップか行/★☆☆/ドラマ・コメディ完全なる報復

完全なる報復

途中までは最高に面白い復讐映画だった。途中までは・・。

DVDイメージ
2009年/アメリカ/108分/ドラマ
原題/Law Abiding Citizen
監督/F・ゲイリー・グレイ「ミニミニ大作戦」
脚本/カート・ウィマー

あらすじ

ペンシルバニア州、フィラデルフィア。クライドは2人組の強盗に妻子を殺された。犯行現場には決定的な証拠がなく、事件を担当した検事ニックは有罪の判決を勝ち取るために犯人と司法取引を行う。結果、犯人のうちの1人には死刑判決が下るが、もう1人は罪が大幅に軽減されてしまう。
10年後。クライドの犯人への、そして犯罪者を裁くことができない司法制度への復讐がはじまった。



出演
ジェラルド・バトラー=クライド・シェルトン
ジェイミー・フォックス=ニック・ライス
レスリー・ビブ=サラ
ブルース・マッギル=ジョナス
コルム・ミーニイ=ダニガン捜査官

感想

300男と女の不都合な真実でおなじみ、私の大好きな俳優ジェラルド・バトラーが出演していると聞いて楽しみに鑑賞しました。

犯人の体を生きたまま切り刻んだり、その様子を本人に鏡で見せつけたりと、ジェラルド・バトラー(クライド)のやりすぎともいえる残酷な復讐が実に気持ち良かったです。




そこから先の、裁判にかかわった人たちを刑務所の中から遠隔装置を使ってあの手この手で惨殺していくさまはまさに「気分爽快」でした。

でもこの主人公、途中から頭のネジが飛んでしまったのか、事件とは無関係の囚人を殺したりと、ただの人殺しになってしまうんですよね。

それまでは「司法では裁けない悪を主人公が代わりに裁く」という、見ているこちらもついつい感情移入してしまいそうになるようなある種のカタルシスがあったんですけど、途中からはもう別の映画になってしまうんですよね。

それこそもう、「ただのイカれた殺人犯VS彼の無差別殺人を阻止するフィラデルフィアの警官たち」という感じ。



何だその「どこぞのB級アクション映画」みたいなノリは。


ラストもまったくもって納得ができない、誰得な終わり方でした。

あんな中途半端な終わり方じゃなく、最後にコンサートホールで少女が演奏しているバイオリンが爆発していたら、最高のエンディングになっていたと思うんですけどね・・。

ジェラルド・バトラーの好演が光っていただけに残念な映画です。


でも、携帯電話型時限爆弾がコントみたいで最高に面白かったからまあ許す。


作品オススメ度 ★☆☆ イマイチ

関連作品 復讐劇で。
オールド・ボーイ
告白
沈黙の鎮魂歌 セガール
キル・ビル Vol.1 日本刀
片腕カンフー対空とぶギロチン ギロチン

洋画ドラマ〜へ|★☆☆へ








トップへ|ページ上部へ|投稿日:2014/3/22

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ