トップか行/★★★/アクション・SFキル・ビル Vol.1

キル・ビル Vol.1

日本刀をブン回すユマ・サーマンの勇姿を眺めているだけでお腹いっぱいになれる。

DVDイメージ
2003年/アメリカ/113分/アクション/R−15指定
原題/Kill Bill Vol.1
監督/クエンティン・タランティーノ「パルプ・フィクション」
音楽/ラーズ・ウルリッヒ、RZA(リッザ)
シリーズ作品(全2作)

あらすじ

プロの殺し屋・ザ・ブライドは、結婚を機に組織を抜けようとしていた。しかし、式のリハーサル中に組織の襲撃にあい、婚約者とお腹の子どもの命を奪われ、彼女自身も瀕死の重傷を負った。
4年後。昏睡状態から目を覚ましたザ・ブライドは、組織のボス・ビルとその手下への復讐を始める。

イメージ1

出演
ユマ・サーマンザ・ブライド/ブラック・マンバ
デビッド・キャラダイン=ビル
ルーシー・リュー=オーレン石井/コットンマウス
ヴィヴィカ・A・フォックス=ヴァニータ・グリーン/コッパーヘッド
栗山千明=GOGO夕張、ダリル・ハンナ=エル・ドライバー、千葉真一=服部半蔵、ジュリー・ドレフュス=ソフィー・ファタール

感想

本作は4〜5年くらい前、知人に「女の殺し屋が日本刀片手に悪者退治するだけのお話だよ」とすすめられて見て以来、1〜2年に1回は見ている、管理人のお気に入り映画です。

ストーリーというようなストーリーは特になく、ユマ・サーマンことザ・ブライドが日本刀や格闘技(カンフー?)、ナイフなどを利用して悪党どもをブチ殺していくだけのお話ですね。

首や腕がぽんぽん吹っ飛んだり、血がブーブー飛び散ったりと、タランティーノ映画の例に漏れずエゲつない描写が多いです。でもそれがとにかく爽快で、ストレス解消には最高なんですよね。

イメージ2


これだけだとB級テイストあふれるただのバカ映画なんですけど、敵キャラの設定が「1キャラだけで1つの映画が作れそう」と思えるくらいに凝っていたり、アクション監督が「マトリックス」シリーズのユエン・ウーピンだったりと、見えないところでかなり力が入っているんですよね。

そのおかげなのか、単純な復讐劇なのに思わず魅入ってしまう、不思議な面白さがあります。

ビルの配下・オーレン石井は極道のお姐さんという感じですね。ルーシー・リューの凛とした演技がハマっています。その中でも、「片言の日本語を使ってのドスをきかせた啖呵」と「ヤクザ映画を思わせる、ザ・ブライドとの対決シーン」は必見です。

イメージ3


オーレン石井の部下・GOGO夕張はかわいいです。栗山千明がとにかくかわいいです (∀`*ゞ)デヘヘ
ちなみに、彼女が持っている武器は片腕カンフー対空とぶギロチンへのオマージュなのだとか。

イメージ4
まさに「かわいいは正義」ですね。・・ね!?


センスの良い曲がたくさん流れるのもいいですね。個人的には、ラストバトルで流れるサンタ・エスメラルダの「Don't Let Me Be Misunderstood/悲しき願い」がお気に入りです。

以上、スカっとできる映画を見たいときにおすすめしたい1本です。

ちなみに、本作はDVDの特典映像によると、クエンティン・タランティーノ監督が「自分の才能の限界を知るために作った映画」だそうです。


関連動画:布袋寅泰/仁義なき戦い
キル・ビルのテーマ

作品オススメ度 ★★★ おすすめ

関連作品 女性が活躍するアクションで。
キル・ビル Vol.2
お姉チャンバラ THE MOVIE
チャーリーズ・エンジェル1、2
Mr.&Mrs.スミス
脳筋・B級・バカ映画おすすめ10選

洋画アクション〜へ|★★★へ



DVDとブルーレイの違いについて

本作には、通常版のDVDとは別でUSバージョンのブルーレイ(右)があります。

が、このUSバージョン、「血しぶきが白黒になる」など、国内盤よりも残酷な描写が控えめになっています。この映画から残酷な描写を抜いたら他に何も残らないのに、このバージョンはいったい誰得なんでしょうね。


サントラについて
国内盤・全22曲  輸入盤・全17曲 

エンディング後半で流れた梶芽衣子の「怨み節」はキルビル Vol.2のサントラに収録されています。
左の国内盤には、劇中のセリフや言い回し(10〜20秒程度)が5つ収録されています。(トラック18〜22に収録)

右のアルバムには「悲しき願い」のオリジナル版(14分強)が収録されています。




トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ