トップか行/★★★/ドラマ・コメディキンキーブーツ

キンキーブーツ

しっとりさわやか。大人が見ても楽しめる、上品なイギリス映画。

DVDイメージ
2005年/イギリス/107分/ドラマ
原題/Kinky Boots
監督/ジュリアン・ジャロルド
音楽/エイドリアン・ジョンストン

あらすじ

イギリスの田舎町・ノーサンプトン。チャーリーは伝統ある紳士靴メーカー・プライス社の跡取りであった。
ある日、チャーリーの父ハロルド・プライスが急死した。チャーリーは父の跡を継ぎ、プライス社の社長になるが、会社は倒産寸前だった。
「ニッチな市場を狙え」。クビにした女性社員・ローレンの言葉をヒントに、新米社長の戦いがはじまった。



※ 実在する紳士靴メーカー「W.J.Brookes」の実話を元にした映画。

出演
ジョエル・エドガードン=チャーリー・プライス
キウェテル・イジョフォー=ローラ(サイモン)
サラ=ジェーン・ポッツ=ローレン
ジェミマ・ルーパー=ニック
ニック・フロスト=ドン・バードン

感想

フル・モンティリトル・ヴォイスに近いっていうんですかね。

「そこらへんにいそうな、ぱっとしない主人公がいろんなトラブルにあいながら少しずつ成長していき、最後は気持ちの良いハッピーエンド」という、イギリス映画お得意のストーリーですね。

何をやっても上手くいかず、従業員にもナメられているヘタれの社長・チャーリー。ロンドンの舞台でパフォーマンスを行い、ドラッグ・クイーン(女性の服装を好む男性)として生きているローラ。

この「2人の主役が四苦八苦しながら少しずつ前に進んでいく」というストーリー展開がとても良かったです。


本編ではローラが歌う挿入歌がたくさん流れます。


チャーリーやローラだけではなく、他の登場人物もいい味を出していました。


チャーリーの婚約者ニックはリッチな生活がしたい。でも、ムリ。



元社員のローレンはチャーリーと2人3脚で会社の立て直しに奔走。チャーリーを支えるローレンがひたすらかわいい。


・いったい、ボクに何ができる?

・「何ができる?」とか言って座ってないわ

・ドレスだと500人の前でも歌えるのに、ジーンズだと挨拶もできない。

・望みは変えられない、欲しい物は変えられない。

・人が何を成し得たかは、他の人の心に何を残したかで測るべき


などなど、心に残るようなセリフもたくさんあります。

ストーリー良し、テンポ良し、音楽良し。大人が見ても楽しめる、気持ちのいい上品な映画ですね。




作品オススメ度 ★★★ おすすめ

関連作品 イギリス映画で
スナッチ
ミーン・マシーン 囚人と看守がサッカー試合
リトル・ダンサー
ブラス!
28日後...

洋画ドラマ〜へ|★★★へ



余談
・実話ではこの映画のあと、工場は閉鎖になったそうです。DVDの特典映像にはそのことを示唆するようなエピソードが収録されていました。現実って厳しいんですね。
・エンディング後半で流れた曲はKirsty MacCollの「In These Shose?(youtube)」です。すごくいい曲だったのでご紹介。






トップへ|ページ上部へ|投稿日:2014/1/14

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ