トップな行/★★★/アクション・SFナイト&デイ 

ナイト&デイ

超強くてカッコ良いトム・クルーズ&とってもきれいで運転上手なキャメロン・ディアス。

BRイメージ
2010年/アメリカ/110分/アクション
原題/Knight and Day
監督/ジェームズ・マンゴールド
音楽/ジョン・パウエル

あらすじ

アメリカ、カンザス州。平凡な女性ジューンは、ウィチタ空港でドンピシャでタイプの男性ロイ・ミラーと出会った。偶然にも、2人は同じボストン行きの飛行機に搭乗する。
しかし、ロイの正体は凄腕のスパイであった。ジューンはロイを拘束しようとする組織との戦いに巻き込まれてしまう。

イメージ1

出演
トム・クルーズ=ロイ・ミラー
キャメロン・ディアスジューン・ヘイヴンス
ピーター・サースガード=フィッツジェラルド
ポール・ダノ=サイモン・フェック
ジョルディ・モリャ=アントニオ・キンターナ

感想

これは面白いですよ。トム・クルーズの痛快なアクションと大人の男女の恋愛あるあるが楽しめます。

今回のトムは「一流スパイ」という設定どおりで超強いです。飛行機内での格闘&銃撃戦から始まり、高速道路でのカーチェイスなど、最初から最後まで「とてつもない強さでキャメロンを守りながら戦う勇姿」を魅せてくれます。

対するキャメロンも負けておらず、一般人のクセして超絶的なドライビングテクニックを披露してくれます。


イメージ2
公開当時38歳とは思えない美しさ。


トム・クルーズことロイ・ミラーが「凄腕のスパイなんだけど、いつも笑顔でなんだか憎めない男」という、コミカルなキャラとして描かれているのもいいですね。

私はその中でも、序盤の飛行機内でかなりの緊急事態にもかかわらず、ロイがジューンに「ハハハ、よくあることだよ〜」みたいな顔してヘラヘラ笑っているシーンがツボでした。

そしてそして何よりも、ロイの「ジューンを守るため、危険に巻き込まないために、たとえ彼女に誤解されたとしても本当のことをあえて教えない」というスタンスが、同じ男の目から見ても格好良すぎました。

知っていてわざと騙されたり、ジューンのためを思って嫌われ役をしたり。こういうさりげない優しさって、頭でわかっていても、実際にはなかなかできないと思うんですよね。

そんなロイの「お願いだから君はそこを動かないでくれ!」「知らないほうが君のためなんだ」なんて忠告をことごとく無視するジューンもいいですね。

ジューンの「なんで?」「ねえ、本当のことを教えてよ!」なあんて男の気持ちをこれっぽっちも理解していないセリフからは、「現実でもこういうことってあるよなあ」と、思わず笑ってしまいそうになりました。

お互いに知らないほうが幸せなことってあるんですよね。(女性の方ごめんなさい)

終盤、そんな彼らがすっかり打ち解けた後に敵対する組織とノリノリで対決するシーンは最高に面白かったです。演じている本人たちも楽しんでそうな感じがヒシヒシと伝わってきました。

以上、アホな映画ばかりレビューしている当サイトにしては珍しく、女性の方も楽しめると思う、気持ちの良いアクションです。

イメージ2


作品オススメ度 ★★★ おすすめ

関連作品
Mr.&Mrs.スミス
ガタカ 大人向けのSFドラマ
男と女の不都合な真実 男女の恋愛あるある。
マイティ・ソー
普通じゃない キャメロン・ディアス出演

洋画アクション〜へ|★★★へ



<Amazon>
ナイト&デイ(エキサイティング・バージョン) [DVD]


サントラについて
国内盤 輸入盤

国内盤と輸入盤の違いはジャケットだけです。収録曲はどちらも同じで、ボーカル曲なし、インストのみのサントラです。スコアを担当したのは「ミニミニ大作戦」「フェイス/オフ」「アイ・アム・サム」などで知られるジョン・パウエルです。

エンディングで流れた曲はブラック・アイド・ピーズの「Someday」です。この曲は映画用にアレンジされており、オリジナルは上記右のアルバムに収録されています。

しかし、エンディングで流れたアレンジバージョンの「Someday Theme From Knight And Day」は、私が調べた限りでは、収録されているアルバムが見つかりませんでした。
この曲を聴く方法は、今のところ本編を見るしかないみたいです。う〜ん、残念。




トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ