トップか行/ランク外/邦画吸血少女対少女フランケン

吸血少女対少女フランケン

「主役2人がかわいかったからそれでいいの・・」製作者のやりたい放題感がたっぷりのスプラッタムービー。

DVDイメージ
2009年/日本/85分/バイオレンス
監督/友松直之、西村喜廣「東京残酷警察」
原作/内田春菊「闇のまにまに〜吸血少女対少女フランケン〜」

あらすじ

高校生男子の水島樹権(じゅごん)は高飛車な同級生・けい子に言い寄られていた。いつの間にかけい子は樹権の彼氏を自称していた。バレンタインデーの日、樹権は転校生の少女・もなみからチョコをもらう。
もなみは実は吸血鬼である。もなみは樹権を吸血鬼の仲間にするため、チョコの中に自分の血液を混ぜていた。樹権はチョコを食べた。女の戦いがはじまった。

イメージ1

出演
川村ゆきえ=有角(あるかど)もなみ
乙黒(おとぐろ)えり=富良野けい子
斎藤工(たくみ)=水島樹権
津田寛治=富良野ケン児
ジジ・ぶぅ=イゴール、亀谷さやか=みどり先生、しいなえいひ=もなみの母

感想

いやいやいや、私はB級映画が大好きなんですけど、これは良い意味でひどいですね、突き抜けています。アクションとスプラッタとラブストーリーとコメディを足し、収集がつかなくなるくらいぐちゃぐちゃにした感じの映画です。

もうどうしようもありません。

顔が真っ黒のガングロ部や手首を切ってばかりのリストカット部など、ストーリーとまったく関係のないシーンにやたらと力が入っていたり、全力で笑わせようとしてくるんだけど、それがことごとく面白くなかったり。

イメージ2
でも、そのつまんなさがかえって笑えたり・・もしない。


それはさておきこの映画、主人公の川村ゆきえさんがめっちゃかわいいんです。そんな彼女が血しぶきをピューピュー飛ばしながら戦うさまは、小悪魔的な演技も手伝って、個人的にはどストライクでした。

イメージ3


フランケン少女役の乙黒えりさんもかわいかったです。お姉チャンバラでのクールな役どころとは一転して、はっちゃけまくった演技が楽しそうでした。

イメージ4
フランケン変身前。


樹権役の斎藤工は仮面ライダーにいそうな感じのイケメンでした。
他のキャラがそれなりに高校生に見えそうなメイクをして登場している中、「ひとりだけ学ランのコスプレをした普通のお兄ちゃんが混じっている」というのがなかなかシュールで良かったです。

イメージ5


タランティーノ作品や、本作と同じ西村喜廣監督の東京残酷警察あたりが好きな人なら、楽しめそうな映画ですね。

個人的には、終盤の「節子、それフランケン少女やない、コ○ヤシサチコや!」とでも言いたくなりそうな「乙黒えりの変身後の最終形態」がツボでした。腕コプターは反則です。


イメージ6


作品オススメ度 ランク外・バカ

関連作品
片腕マシンガール
フロム・ダスク・ティル・ドーン
デス・プルーフ
アンダーワールド
Gガール 破壊的な彼女

邦画へ|ランク外・シリーズまとめ



1分25秒からがカコイイ。




DVDについて

DVDは3枚組です。1枚目が本編+特典映像、2枚目が特典映像、3枚目がサントラです。

DVDの特典映像によると、原作では吸血少女と少女フランケンは戦っていないそうです。というか、吸血少女と少女フランケンの2人は会ったこともなく、そもそもが「吸血少女」と「少女フランケン」という、別の作品だそうです。

タイトルだけが「VS」になっていて、それを面白そうだと感じた監督がムリヤリ映画化したそうです。





トップへ|ページ上部へ|投稿日:2013/6/23

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ