トップや・ら・わ行/★★☆/アクション・SFレジェンド・オブ・メキシコ

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード

「バンデラスは無敵、ジョニデはクール」メキシコの土臭い雰囲気がたっぷり楽しめる暑苦しいガンアクション。

DVDイメージ
2003年/アメリカ/102分/アクション
原題/Once Upon A Time In Mexico
監督・脚本・音楽/ロバート・ロドリゲス「シン・シティ」
シリーズ作品第3作(全3作)

あらすじ

メキシコ。宿敵・マルケス将軍に恋人カロリーナを殺されたマリアッチは生きる目的を失い、ひっそりと暮らしていた。ある日、CIA捜査官サンズがマリアッチに「近いうちに大統領の命を狙ったクーデターが起こる。その最中に、麻薬王のバリヨとマルケス将軍の暗殺して欲しい」と頼む。伝説の戦うギタリスト、エル・マリアッチの復活である。

出演
アントニオ・バンデラスエル・マリアッチ
ジョニー・デップ=サンズ
サルマ・ハエック=カロリーナ
ダニー・トレホ=ククイ/サンズ子飼いの悪党

感想

私は前作のデスペラードは大好きなので何回も見ているものの、コチラは見たことがなかったんですよね。「パイレーツ・オブ・ザ〜」のジョニデが出演していることから気にはなっていたのですが、なかなか見る機会がなく、そのままになっていました。

さて、実際に見終わった後の感想としては、前作同様、なーんにも考えずに楽しめるガンアクションですね。

カロリーナがブチョの女ではなくマルケスの女だったり、死んだはずの2人の仲間が生きていたりと設定は微妙に違いますが、「ギターケースに銃を仕込んだ凄腕のガンマンが活躍する」核となる設定はそのままです。

主役のアントニオ・バンデラスは相変わらず無敵です。特に中盤、町の広場で敵の銃を奪いながら戦うシーンはかなりのカッコ良さです。

もう1人の主役であるジョニデも負けておらず、終盤では一風変わった戦いを披露してくれます。
ギターケースから飛び出す数々のオモシロ武器も健在で、今回は火炎放射まで魅せてくれます。

ロバート・ロドリゲス監督映画のお約束というのか、今回も音楽が素晴らしいです。本作で一貫して流れる男気あふれるメキシカンロックはデスペラード以上のカッコ良さですね。バンデラスとジョニデも自分たちのテーマを作曲したのだとか。

以上、本作はメキシコの土臭い雰囲気と男の暑苦しい戦いが楽しめる脳みそが筋肉でできた映画ですね。
ちなみに、「マリアッチ」とは単なる役名ではなく、メキシコでは音楽団のことをさすそうです(ドヤぁ


参考動画:サルマ・ハエック/Siente Mi Amour
鼻血が出るくらいカッコいい挿入歌。


作品オススメ度 ★★☆ 楽しめた

関連作品
マチェーテ ダニー・トレホ無双。
シューテム・アップ やりすぎガンアクション。
マスク・オブ・ゾロ

洋画アクション〜へ|★★☆へ


<Amazon>
レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード [DVD]


サントラについて
   
国内盤 輸入盤

このサントラ、ムッチャ格好いいです。国内盤と輸入盤の違いはジャケットのデザイのみ、収録曲はどちらも同じです。
ジョニデ作曲の「サンズ・テーマ」は9曲目に収録されています。バンデラス作曲のテーマは残念ながら未収録。




トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ