トップま行/ランク外/サスペンス・ホラーミスト

ミスト

「自分さえよかったら」「自分さえ助かれば」人間の汚さや醜さを見せつけられる。

DVDイメージ
2007年/アメリカ/125分/ホラー/R−15指定
原題/The Mist
監督/フランク・ダラボン「ショーシャンクの空に」
原作/スティーヴン・キング「霧」
キャッチコピーは「映画史上かつてない、震撼のラスト15分」。

あらすじ

嵐で自宅が損壊したデヴィッドは、湖の向こうに立ち込めている異様に深い霧のことを気にしながらも、息子ビリーと隣人フランクの3人で街のスーパーへ買い出しに行く。デヴィッドがレジに並んでいると、ひとりの男がスーパーに駆け込んできてこう叫んだ。「霧の中に何かがいる!」

出演
トーマス・ジェーン=デヴィッド
マーシャ・ゲイ・ハーデン=ミセス・カーモディ
ローリー・ホールデン=アマンダ・ダンフリー

感想

「震感のラスト15分」のキャッチコピーどおり、ものスゴい終わりかたでした。後味の悪さも半端なかったです。

本作では「人のせいにする、自分さえよければそれでいい、自分たちが助かるために誰かを見せしめにする」など、生きるか死ぬかの極限状態に陥った人間の汚さや醜さがリアルに表現されています。

ミセス・カーモディ役のマーシャ・ゲイ・ハーデンの神がかった演技も手伝って、かなり気分が悪くなります。
その嫌さはたとえて言うなら「あなたも本当の本当は、自分だけ良ければいいと思ってるんでしょ?」と、自分の心の中を覗かれて責められているような嫌さとでもいうのでしょうか。

もう1つたとえて言うなら、気持ちがすっかり冷めてしまったパートナーに「私のことなんて好きでもなんでもないんでしょう!?」と責められている感じでしょうか。
その通りではあるんだけど、「その通り!」とは口が裂けても言えないという。そして図星を突かれるあまり、コチラがブチ切れるという。いや、違いますね。

本作はそんな「見終わった後もじわじわくる、気分も悪くなる。でも1度は見て欲しいと思う」映画です。


作品オススメ度 ランク外・バカ

関連作品
セブン
オールド・ボーイ
ラストが衝撃的な映画10選

洋画サスペンス〜へ|ランク外・シリーズまとめ



<Amazon>
ミスト [DVD]
スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員/スティーヴン・キング (扶桑社ミステリー) ※原作小説「霧」収録




トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ