トップな行/★☆☆/邦画七つまでは神のうち

七つまでは神のうち

映画としてはイマイチなんだけど、ストーリーはお見事。

DVDイメージ
2011年/日本/82分/ホラー
監督・脚本/三宅隆太

あらすじ

日本では、毎年数多くの行方不明者がいるという。
10年前のある事件をきっかけに心に傷を持つ少女・和泉繭(いずみまゆ)は、偶然ワゴン車に監禁された少女を見つけた。繭はその場に一緒にいた父とともにワゴン車を追いかけた。山道の中、ワゴン車は少女を置いて走り去った。
「ワゴン車のナンバーを確認してくるから、お前はここで警察を呼べ」。父はそう言って繭に携帯を渡し、走り去った。携帯は圏外だった。詰んだ。

出演
日南響子=和泉繭
飛鳥凛=西川麗奈
藤本七海=岸本かおる
霧島れいか=遠藤真奈/さくらという少女の母親

感想

わらべ歌「通りゃんせ」で語られている「神隠し」をテーマにした和製ホラーです。この歌ができあがった背景には、「昔は乳幼児の死亡率が高く、いつ神の元に召されるかわからなかった」ということがあるそうです。

さて、映画の感想ですが、残念ながら、面白くありませんでした。何でかっていいますと、最初から最後まで、すべての伏線が伏せられたままなんですよ。

ほら、たいていの映画だと、途中で何らかの謎や伏線が提示されて、続きを見ることによってその伏線が「なるほど、さっきの描写はこういうことだったのか!」と分かるじゃないですか。

それがないんですよ、この映画。途中で提示された伏線の回収が最後の最後までないんです。

ちょっとくらいは教えてくれてもよさそうなのに、最後の最後まで、頭に「?マーク」が点灯したままなんです。結末は素晴らしいのに、そこまで到達する前に「ああ、分からん。もういいや」と、こっちが疲れてしまうという。

怖さの種類としては驚かせ系ですね。特に開始30分あたりのとあるシーンでいきなり登場する市松人形が怖すぎました。

たいていのホラー映画で笑ってしまう私でも、このシーンはあまりにも怖すぎて思わず飛び上がり、その勢いで手をテーブルにぶつけてしまいました。

以上、イマイチはイマイチなのですが、市松人形の怖さと、最後まで見終わった後に感じる「なるほどな〜」感は見て欲しいなあと思う映画です。あと、主演の日南響子さんがとてもかわいかったです(笑

関連動画
昔の人の作曲センスってスゴいですよね。


作品オススメ度 ★☆☆ イマイチ

関連作品
この子の七つのお祝いに
テケテケ1、2 カシマさん、カシマさん。
蝋人形の館
オールドボーイ
呪怨1、2(ビデオ版)

邦画へ|★☆☆へ



MP3

1番右は、主演の日南響子さんが歌っている本作の主題歌「Save me」です。




トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ