トップあ行/★★☆/サスペンス・ホラーオーメン

オーメン

何だかんだいっても結局は「悪魔よりも人間の方が怖い」と思う、オカルト映画の金字塔。

DVDイメージ
1976年/アメリカ/111分/ホラー
原題/The Omen
監督/リチャード・ドナー「マーヴェリック」
音楽/ジェリー・ゴールドスミス
オーメンとは「良くないことが起きる予兆、きざし」。

あらすじ

ロンドン、6月6日午前6時。アメリカ人大使ロバートは、死産した自分の子供の代わりに母親が死亡して孤児となっていた赤ちゃんを養子にした。
ロバートは同じ時刻に生まれた新たな我が子をダミアンと名付けた。「666」とはキリスト教で獣の数字、もしくは悪魔を指す数字である。
5年後。ダミアンの誕生日パーティーで、彼の保母が不可解な死を遂げる。

出演
グレゴリー・ペック=ロバート・ソーン
ハーヴェイ・スティーヴンス=ダミアン
リー・レミック=キャサリン・ソーン/ロバートの妻

感想

本作は2006年に「オーメン666」というタイトルでリメイクもされており、オカルトホラーの金字塔と言われているくらいに有名な映画です。

私は今回初めて見たんですけど、ホラーの怖さというよりは、「トチ狂った人間が1番怖いよなぁ・・」と思える映画でした。

話は邦画リングのような謎解きがメインです。その合間で悪魔か人間、どちらの仕業とも思える狂気じみた事件が発生します。悪魔のせいで人が狂っていくのか、イカれた連中に囲まれたから狂っていくのか。

登場キャラもキレた神父、目がイッてる新しい保母、正体不明の黒い犬と、なんだか不気味です。

たまにはこういう、古いホラー映画を見るのもいいですよね。

ちなみに、リング0と同じく本編の途中で変なモノが映っていました。
・開始1時間38分30秒あたり、ハサミを持ったロバートが立ち去った後の鏡
→一瞬だけ福沢○吉に少し似ている中年男性の顔が映ります。


作品オススメ度 ★★☆ 楽しめた

関連作品
ファニーゲーム 1番怖いのは人間。
ソウ/Saw
サイレントヒル
ゆれる オダギリジョー出演。
28日後...

洋画サスペンス〜へ|★★☆へ







トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ