トップあ行/★★☆/サスペンス・ホラーオルカ

オルカ 

泣いたり叫んだり怒ったり。人間のような表情を見せるオルカを見ているとついつい感情移入してしまう。

DVDイメージ
1977年/アメリカ・イタリア/92分/パニック
原題/Orca
監督/マイケル・アンダーソン
音楽/エンニオ・モリコーネ

あらすじ

オルカは一夫一妻制で、1度夫婦になると死ぬまで添い遂げるという。
北米、ニューファンドランド島。漁師ノーランは借金返済のためにメスのオルカを生け捕りにしようとするが、誤ってお腹の中の子供もろとも殺してしまう。
「妻よ、娘よ、カタキは討つ」。妻子を失ったオルカは、泣き叫びながらノーランをにらみつける。

出演
リチャード・ハリス=ノーラン
シャーロット・ランプリング=レイチェル/海洋学者
ウィル・サンプソン=ウミラク

感想

「あれはシャチだわ!」などとのたまう空気が読めないDVD字幕には激しく納得がいかないのですが、これは良かったです。

それこそ、もうB級モンスター映画とは思えないくらいに・・というか、「ダンナ、これは海洋パニックムービーの隠れた名作ですぜ!」とでも言いたくなるくらいに面白かったです。

ただ単に「モンスターを成敗してめでたし、めでたし」という映画ではなく、「人間よりもオルカに肩入れしたくなる」悲しいお話ですね。

まず、「どや、サメよりもオルカのほうが強いんやで!」という、ジョーズに対抗したかのような幕開けが良かったです。
ここでは数メートルはある巨大なホオジロザメが秒殺されるんですけど、私はこのシーンに製作者の大人気なさを感じ、笑ってしまいました。

なんと言っても、オルカのしぐさや表情が人間のようにリアルなのが良かったです。家族を殺され涙を流しているように見えたり、怒っているように見えたり、泣き叫ぶような鳴き声を発したり。

復讐鬼となったオルカの華麗な頭脳プレーも見逃せません。特に標的のノーランを「陸から海に出てオルカと対決しなければならない状況」にもっていく一連の流れは必見です。

音楽もいいですね。巨匠エンニオ・モリコーネ奏でる、壮大かつ静かな楽曲は映画の悲しい雰囲気にピッタリです。

古い作品なのでどうしても時代の流れは感じますが、モンスターが暴れるだけのB級パニックムービーにしては珍しく、ドラマ的な部分も楽しめる映画ですね。


作品オススメ度 ★★☆ 楽しめた

関連作品 モンスター映画で。
アナコンダ
ディープ・ブルー
ゴジラ(1954年)
スパイダーパニック!
パラサイト

洋画サスペンス〜へ|★★☆へ



<Amazon>
オルカ<HDリマスター版> [DVD]
オルカ―海の王シャチと風の物語 (ハヤカワ文庫NF)


サントラ


何ですか、このセンスあふれるジャケットは!




トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ