トップは行/★★★/邦画ピンポン 

ピンポン

窪塚が、ARATAが、中村獅童が!原作を見ていなくても楽しめる、気持ち良さ満点のスポ根卓球ムービー。

DVDイメージ
2002年/日本/114分/スポーツ
監督/曽利文彦 脚本/宮藤官九郎
原作/松本大洋

あらすじ

卓球が心底好きなペコと「卓球なんて暇つぶし」という冷めた性格のスマイル。2人は小さいころからの幼なじみで、片瀬高校の卓球部員である。
ある日、ペコは辻堂学園の卓球部員・チャイナと練習試合を行い、1点もとれずに惨敗してしまう。その後、ペコとスマイルは夏のインターハイ地区予選大会に出場するが・・・。



出演
窪塚洋介=ペコ(星野裕)
ARATA=スマイル(月本誠)
中村獅童=ドラゴン(風間竜一)
竹中直人=スマイルのコーチ(バタフライジョー)
夏木マリ=おババ、大倉孝二=アクマ(佐久間学)、サム・リー=チャイナ

感想

松本大洋という方の漫画・ピンポンが原作の映画ですね。

「難しいことを考えなくても面白い、気持ちの良いスポ根ムービー」という感じで、原作未見の私でも十分に楽しめました。

全編を通して面白かったので、良かったところを言いはじめるとキリがないのですが、何といっても、主役から脇役まで、出演している俳優それぞれのキャラがみんな立っているのが良かったです。

窪塚は「つかみどころのない、はっちゃけた演技」が何とも彼らしくて面白かったです。


ペコ(窪塚)、大会で遭遇した幼なじみのアクマといがみ合うの図。


スマイル役のARATAはひたすらクールで格好よかったです。

特に良かったところは、それまでやる気のなかったARATAが中盤の対チャイナ戦で本気を出すシーンです。ここのARATAは、男から見ても惚れそうになるレベルのイケメンっぷりでした。


キャーARATAカッコいい (・∀・ )!



ペコ(星野)とスマイル(月本)の名字は星と月にかけているんですね。

それにしても、この「部活のユニフォームのまま学校の外を出歩く」という青春の1コマを見ているとついつい自分が高校生だったときのころを思い出し、何だか甘酸っぱい気持ちになってしまうのは私だけでしょうか(笑



竹中直人扮するバタフライ・ジョーはちょいお姉さんっぽいクセのある話し方がいい感じ。



夏木マリ扮するおババはやる気がなさそうなくだけた雰囲気が良かったです。


海王学園のエース・ドラゴン役の中村獅童は圧倒的なラスボス感が出ていました。


こんなに目ヂカラの強い高校生がいるわけねえだろっていうww


以上、キャラよし、ストーリーよし、白熱の卓球バトルよし。自分でも何を言ってるのかよくわかりませんが、とってもさわやかな気分になれる映画です。




参考動画
この映画な、音楽も良いんだぜぇ・・。


作品オススメ度 ★★★ おすすめ

関連作品
おっぱいバレー 青春&スポ根。
ミーン・マシーン 囚人たちの危険なサッカー。
少林サッカー

邦画へ|★★★へ

心に残ったセリフをいくつか

映画を見ていて「おおっ」と思った名言をいくつかご紹介。


・「何しろ、才能ってものは・・求められる人間にのみ与えられるものではないからな」ドラゴン
・「それはアクマに卓球の才能がないからだよ」スマイル
・「絶対負けない唯一の方法、勝つことだよ」アクマ
アニメ版では「勝つこと」が「闘わないこと」に変更されているそうです。
・「頂点に立たなければ、見えない風景というものがあるんだよ」バタフライジョー
・「凡人にしか見えねえ風景ってのがあんだ」アクマ
上記バタフライジョーのセリフと対称的になっているのが深い。
・「イエース!ユーキャンフライ!」松尾スズキ(友情出演)
・「愛してるぜ」おババ
・「キミなら打てたかね?」バタフライジョー



<Amazon>
ピンポン [DVD]
ピンポン (1) /松本大洋 (Big spirits comics special)
ピンポン オリジナルサウンドトラック (視聴可)

本作の楽曲を担当したアーティストは「SUPERCAR」や「BOOM BOOM SATELLITES」など。ドライブに合いそうなサントラです。通勤中に聴くのも良さげ。

<関連>
ドライブのおともにおすすめのサントラ10選
作業用のBGMにおすすめのサントラ10選




トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ