トップは行/★☆☆/邦画プリンセス・トヨトミ

プリンセス・トヨトミ

設定は面白いのに、盛り上げかたが今ひとつ。出演俳優が好きならどーぞ。

DVDイメージ
2011年/日本/122分/ドラマ
監督/鈴木雅之
音楽/佐橋俊彦
原作/万城目学

あらすじ

1615年、大阪夏の陣で豊臣家の人間はすべて滅んだという。現代。「鬼の松平」の異名を持つ会計検査局の松平らは、大阪のOJOという会社に行く。OJOを不審に思った松平は調査を始める。

出演
堤真一=松平元/会計検査局の副長
綾瀬はるか=鳥居忠子/松平の部下
岡田将生=旭ゲーンズブール/松平の部下
中井貴一=真田幸一

感想

「堤真一と綾瀬はるかが大好き」これだけで見てしまった映画です。出演している俳優が好きな私はそれなりに楽しめましたが、普通に考えると面白くありません。

なんというか、「豊臣家の末裔が生きている」という独特な設定を活かしきれていないというか、あっさりしすぎているというか、消火不良な感があるんですよね。あぁ、もったいないなぁって。

とはいえ、中年オヤジ・中井貴一の渋い演技はカッコ良いです。中井貴一や堤真一の「誰にでもありそうな父と子のあるある話」にも共感できます。綾瀬はるかは今ひとつ印象が薄かったです。

もう少し設定を活かすことができていればもっと面白くなったのにと思う、もったいない映画ですね。

作品オススメ度 ★☆☆ イマイチ

関連作品
フライ,ダディ,フライ 堤真一出演。
おっぱいバレー 綾瀬はるか出演。
ビッグフィッシュ 父と息子と。

邦画へ|★☆☆へ



<Amazon>
プリンセス トヨトミ [DVD]
プリンセス・トヨトミ/万城目学(単行本)


   
サントラ

右は本作のテーマ曲「永遠の絆」を歌ってるケルティックウーマンのアルバムです。「永遠の絆」が良かったので掲載してみました。




トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ