トップか行/★★☆/邦画クワイエットルームにようこそ

クワイエットルームにようこそ

松尾スズキが仕込んだ小粋なブラックジョークでゲラゲラ笑っていたら、途中からいきなりマジメな映画になった件

DVDイメージ
2007年/日本/118分/ドラマ
監督・脚本・原作/松尾スズキ
音楽/森敬、門司肇(もじはじめ)

あらすじ

不眠症に悩むライターの明日香は、睡眠薬の飲みすぎ(オーバードース/Over Dose)で意識を失い、精神病院のベッドで目覚めた。
明日香は「希死念慮に囚われた気分変調のおそれがある=自殺願望がある」と判断され、クワイエットルームと呼ばれる閉鎖病棟に強制的に入院させられてしまったのである。
周りの患者はおかしな人ばかり。「なんで私がこんなところに?」明日香の奇妙な入院生活が始まった。

出演
内田有紀=佐倉明日香
宮藤官九郎=焼畑鉄雄/明日香の彼氏
蒼井優=ミキ
りょう=江口看護婦長
平岩紙=山岸看護婦、大竹しのぶ=西野、妻夫木聡=コモノ、庵野秀明=松原医師

感想

有名なので今さらではありますが、映画イン・ザ・プールの松尾スズキ脚本、ドラマ「タイガー&ドラゴン」のクドカン出演と聞いて「これは間違いなく面白いハズ」と勝手な期待を胸に鑑賞しました。

うん、これはイイですね。至るところにキレ味鋭いブラックジョークときわどい下ネタが仕込まれていて、上の2作品が好きな人ならツボにハマる笑いかと思います。

ほぼおっさんキャラの内田有紀、頼りない彼氏鉄雄、悪意のあるセリフに定評のある山岸看護婦など、登場人物はみんな個性たっぷりです。中でも、圧倒的なウザさを見せつけた西野を演じた大竹しのぶの演技力はさすがのひと言です。

超冷たい看護婦長・江口を演じたりょうは「この人以外におらんやろ!」というくらいのハマり役でした。

イメージ1
ゴミを見るような冷たい眼差し。


でもねこの映画、途中まではコメディ調で話が進むんですけど、中盤あたりから突如としてマジメな話に切り替わるんですよ。

「明日香がどうして入院することになったのか、鉄雄が明日香に伝えていないこと」など、重たい真実が少しずつ明らかになっていく流れには「えっ? この映画ってギャグじゃなかったの? 何なのコレ」と、戸惑いながらも目が離せませんでした。

ネタバレになるので詳しくお話するのは控えさせていただきますが、見終わった後には「精神的に健康な人とそうでない人の差って、紙一重なんだろうなあ」と感じました。

「人間、何がきっかけで、何が原因でおかしくなるのか」なんてことは、本人でさえわかっていない、気づいていないものなんですよね。
ツレがうつになりましてのレビュー記事にもあるとおり、「この映画の患者みたいに精神を病んでしまう可能性は誰にでもあるんだろうな」とも感じました。

「あ〜、感動した (´∀`)」なんて爽快感はありませんが、そこかしこに「世知辛い世の中を生きる現代人のリアルな息苦しさ」を感じる、いろいろと考えさせられる映画ですね。

ちなみに、摂食障害のミキを演じた蒼井優は、この映画のためだけに体重を7キロも(39キロまで)落としたのだとか。

イメージ2
俳優も大変なお仕事なんですね。


作品オススメ度 ★★☆ 楽しめた

関連作品
イン・ザ・プール
イキガミ もし、明日死ぬとしたら。
告白
グッド・ウィル・ハンティング とあるセラピストと心に傷を持つ青年。
ミザリー メンヘラ女の恐怖


邦画へ|★★☆へ



<Amazon>
クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]
クワイエットルームにようこそ/松尾スズキ (文春文庫)
Naked Me/LOVES×クワイエットルームにようこそ(CD) (視聴可)

1番下は本作の主題歌「Naked Me」が収録されているシングル兼サントラです。




トップへ|ページ上部へ|投稿日:2013/2/24

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ