トップや・ら・わ行/★☆☆/邦画リング0 バースデイ

リング0 バースデイ

マジなのか、演出なのか。途中で変なモノが映っている・・(|| ゚Д゚)

BRイメージ
2000年/日本/99分/ホラー
監督/鶴田法男
脚本/高橋洋
原作/鈴木光司
シリーズ第3作(全3作)

あらすじ

「見た人が1週間後に変顔をして死ぬ、呪いのビデオ」。「映画 リング」から30年前。劇団に所属する物静かな女性・山村貞子は、子供のころから人とは違う不思議な能力を持っていた。一方、レポーターの宮地は貞子が秘めている不思議な能力について調べていた。

出演
仲間由紀恵=山村貞子
田辺誠一=遠山/劇団の音響担当
麻生久美子=悦子/劇団の衣装係
田中好子=宮地
奥貫薫=愛子/劇団の先輩 一瞬ではあるが、力強い変顔を見せつけてくれる。

感想

まず、ページ上に書いていることなんですけど、私が「あれっ?」と思ったのは2つありまして、

1.29分あたり。麻生久美子が貞子の衣装をひとりで直しているシーン。

⇒天井から吊り下がっている衣装の左下に手が・・。


2.1時間5分あたり。舞台中のシーン。

⇒舞台の上にいる仲間由紀恵の後ろに一瞬だけ女性のような姿が・・。


1はあまりにもあからさまなので「わざとかな?」とも思うんですけど、2は一瞬だけで、しかもぼやっとしか映らないので少し不気味です。

さて、前置きが長くなりましたが感想です。

劇場版リングシリーズの最終作と仲間由紀恵の映画デビュー作ということもあってか、期待して鑑賞したんですけど、ハッキリ言って私にはちっとも面白くありませんでした。

なんといいますか、唐突な展開が多すぎることや、つじつま合わせが強引すぎたりと、突っこみどころが多すぎてストーリーが破綻しているんですよね。

とはいえ、「ブレイク前の仲間由紀恵の初々しい姿が拝めたこと」と、終盤で「手足の関節をボキボキ鳴らしながら、Hip Hopでも踊り始めそうな勢いで登場する貞子」は大変素晴らしかったです。

もし鑑賞される場合は、1作目のリングだけ見ておけば大丈夫です。


作品オススメ度 ★☆☆ イマイチ

関連作品
女優霊
フレディVSジェイソン
オーメン

邦画へ|★☆☆へ



<Amazon>
リング0〜バースデイ〜 [DVD]
バースデイ/鈴木光司 (角川ホラー文庫)
リング0〜バースデイ〜 サウンドトラック




トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ