トップや・ら・わ行/★★☆/アクション・SFローグアサシン 

ローグアサシン

よーく見ると実はB級映画。だからなのか、出演者の演技がみんなどことなく投げやりに見えてしまうのがオモシロい。

DVDイメージ
2007年/アメリカ/103分/アクション
原題/War
監督/フィリップ・G・アトウェル
音楽/ブライアン・タイラー

あらすじ

目的も正体も謎に包まれた伝説の殺し屋・ローグ。FBI捜査官のジョンは相棒トムとその妻子を殺され、殺害現場にてローグがいつも使用しているチタニウム製の弾丸を発見する。犯人がローグであると確信したジョンは彼への復讐を心に誓う。3年後、サンフランシスコ。とある殺人事件現場にて、ジョンは例の弾丸を再び発見する。

出演
ジェット・リー=ローグ
ジェイソン・スティサムジョン・クロフォード 
石橋凌=シロー・ヤナガワ/ヤクザの組長
デヴォン青木=キラ/シローの愛娘

感想

「スティサムの映画を見たい」というだけで見たのですが、本作はまじめそうに見えるストーリーに反して、実はただのバカ映画でした。

お約束のどこかが間違った日本はもちろん、日本人俳優の演技がみんなそろって棒読みだったりと、あまりにもいい加減すぎる作りはかえって笑えてしまいます。

しかもですね、この映画、開始1時間はちまちまと細かい捜査をするんですけど、実はほとんど意味がなかったという、セガール映画にありがちなテキトーなストーリーなんです。

というか、よく考えると映画としての体裁を保つために、開始1時間の茶番劇が存在しているような気もしてきます。

っと、待たされただけあってか、後半から繰り広げられるジェット・リーの本格的なアクションは「流石!」のひとことです。まだ40代ということもあってか、動きのスピードとキレがハンパないです。

シン・シティのデヴォン青木は相変わらずクールでカッコ良かったです。

以上、見終わった後にはなーんにも残らない、清々しいB級映画です。個人的には、スティサムの「片言の日本語でのお医者さんごっこ」がツボでした。


作品オススメ度 ★★☆ 楽しめた

関連作品
特攻野郎Aチーム
イントゥ・ザ・サン セガール出演。
WASABI(ワサビ)
ラストが衝撃的な映画10選

洋画アクション〜へ|★★☆へ








トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ