トップさ行/★★★/ドラマ・コメディ最高の人生の見つけ方

最高の人生の見つけ方

「ありがちなロードムービーだな〜」と思っていたらラスト15分で一気に泣かせにかかってきた。

DVDイメージ
2007年/アメリカ/97分/ドラマ
原題/The Bucket List
監督/ロブ・ライナー「スタンド・バイ・ミー」
音楽/マーク・シャイマン

あらすじ

自動車整備工のカーターと大富豪のエドワードは偶然同じ病院に入院する。さらに偶然なことに、2人とも余命半年の末期ガンであった。
エドワードはカーターがこっそりメモしていた「死ぬまでにやっておきたいこと」をまとめたリスト・Bucket List(棺桶リスト)を見つける。「どうせ死ぬんだから、やりたいことはやっておこうぜ」。2人は病院を抜け出し、旅に出る。

出演
モーガン・フリーマンカーター・チェンバーズ
ジャック・ニコルソン=エドワード・コール
ショーン・ヘイズ=トーマス/エドワードの秘書

感想

余命わずかのおじいちゃん2人が「スカイダイビングをしたり、サーキット場を貸切にして遊んだり、世界中を旅行したり」と、やりたい放題する話です。

似たような映画ノッキン・オン・ヘブンズ・ドアとは違い、本作の2人は十分な年齢を重ねているからなのか、「死ぬまでにやりたいこと」の意味合いが少し違うようにも感じました。

前者が「失うモノのない若者がやりたい放題する」話なら、本作は「やりたい放題はするんだけど、それをやりながら、少しずつ自らの死を受け入れていく話」といったところでしょうか。

はっちゃけながらも心のどこかで「家族のことや最後はどうするか・・」を考えている主役2人の姿には、「いかにも映画!」という前者に比べてどことなく現実味を感じました。

棺桶リストに書かれてあることのうち、最後の方に実行する項目が「ごくありふれた、何でもないようなこと」というのも印象に残りました。

「もし明日死ぬとしたら何をする?」と想像すると、ついつい「普段やりたくてもなかなかできないこと」をしたいと思ってしまうんですけど、人間、本当のところは「毎日当たり前のようにしている何でもないこと」が1番幸せだったりするんだろうなあと思えます。

それを十二分に感じさせてくれるラスト15分の展開、特に「最後3つの願いのかなえ方」は涙モノです。

インドやエジプト、ヨーロッパと、世界中を旅行している2人を見ているだけで楽しくなってくるのもいいですね。個人的には、ツンデレ気味のエドワードの秘書トーマスがお気に入りです。


イメージ1
こんなの見てるとこっちまでアフリカに行きたくなりますね。


参考動画:サバンナで流れる曲


作品オススメ度 ★★★ おすすめ

関連作品
スタンド・バイ・ミー ロブ・ライナー監督。
イキガミ もし、24時間後に死ぬとしたら。
生きてこそ 雪山で遭難。
人生に乾杯!
ミッドナイト・ラン

洋画ドラマ〜へ|★★★へ



<Amazon>
最高の人生の見つけ方 [DVD]
親が死ぬまでにしたい55のこと (Earth star books)


サントラについて
国内盤 輸入盤

収録曲はどちらも同じです。リンク先で視聴した限りでは効果音メインのスコア盤ですね。1番右はエンディングで流れるジョン・メイヤーの主題歌「Say」が収録されているアルバムです。




トップへ|ページ上部へ|投稿日:2013/1/12

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ