トップさ行/★★★/アクション・SFスピード

スピード

一般道を猛スピードで爆走する大型バスの疾走感とハラハラがたまらない。

DVDイメージ
1994年/アメリカ/116分/アクション
原題/Speed
監督/ヤン・デ・ボン「トゥームレイダー2」
音楽/マーク・マンシーナ、ビリー・アイドル

あらすじ

ロサンゼルス。とあるオフィスビルのエレベーターに爆弾がしかけられ、乗客が閉じこめられる事件が発生した。ロス市警特殊部隊隊員のジャックは同僚のハリーらとともに乗客を救出し、犯人の男・ハワードを追い詰めるが、あと一歩のところで逃げられた。
数日後、ジャックのもとにハワードから1本の電話があった。
「お前への復讐のため、とあるバスに爆弾をしかけた。爆弾はバスの時速が50マイル(80キロ)をこえると起爆装置が作動し、時速50マイルを下回ると爆発する。1人でも乗客を降ろしたら、その時点でバスを爆発させる。さあ、ゲームを楽しもうぜ」。
ジャックの長い1日がはじまった。



出演
キアヌ・リーブス=ジャック
デニス・ホッパー=ハワード
サンドラ・ブロック=アニー
ジェフ・ダニエルズ=ハリー
ジョー・モートン=マクマホン隊長

感想

1994年の公開当時、日本ではまだまだ無名だったキアヌ・リーブスがトップスターとして一躍有名になった映画ですね。

その中でも、映画本編での決めセリフ「さあ、どうする?(What do you do ?)」はちょっとしたブームになりました。
かくいう私も公開当時(中学生)、クラスの友人とちっとも似ていない決めセリフのモノマネをやりあっていました。ってどうでもいいっすね、すいません(笑

さて、映画の感想ですが、公開から20年たった今見ても、「単純なスリルやハラハラでは、本作を上回る映画はそうそうないんじゃないか?」と思うくらいに面白かったです。

なんと言っても、「バスはこの先どうなるんだ?乗客は助かるのか?」というハラハラ感と街の中を時速80キロ以上の猛スピードで爆走するバスの疾走感が良かったです。

・まわりの車を蹴散らしながら、ときにはベビーカーを盛大に吹っとばしながら一般道を走ったり。

・工事中で道が途切れている高速道路を大ジャンプしたり。



バスを運転することになるヒロイン・アニーの男気あふれるドライビングテクニックもなかなかのものでした。


「スピード違反で免停になった」という設定がナイス。

ちなみにウィキペディアによると、アニーを演じた女優サンドラ・ブロックは2011年3月の東日本大震災のときにハリウッド俳優の中で真っ先に義援金100万ドル(約8000万円)を寄付したのだとか。


主役のキアヌ・リーブスはまさに「格好いいことは正義」を体現したかのようなイケメンっぷりでした。さわやかで行動力があり、その上頭が切れるなんてもう完璧すぎます。


坊主が似合うのは真のイケメンの証。

例のぼっちエピソードの影響もあってか、私はキアヌが大好きなんです。
⇒参考:キアヌ・リーブスのぼっち&善人っぷりを再確認するまとめ - NAVER まとめ



劇中でキアヌが身に着けていたGショック(DW-5600C-1V・通称スピードモデル)がこれまた格好いいんです。


ストーリーこそ「爆走するバスから乗客を救うだけ」と単純ですし、これといった大きな謎やヒネりもないんですけど、だからこそ楽しめる、王道的なアクション映画ですね。

スカっとしたいときにおすすめ。



この「What do you do ?」っていうセリフ、公開当時に何かのCMに使われていたような気がするんですけど、何のCMで使われていたのかが思い出せないんです。何だっけなあ・・。


この映画、音楽も格好いいんだぜぇ・・。


作品オススメ度 ★★★ おすすめ

関連作品 90年代のアクション映画で。
トゥルー・ライズ
ロングキス・グッドナイト 妻は記憶喪失のスゴ腕暗殺者。
コン・エアー
TAXi
デスペラード

洋画アクション〜へ|★★★へ







トップへ|ページ上部へ|投稿日:2014/8/3

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ