トップさ行/★★☆/邦画サマータイムマシン・ブルース 

サマータイムマシン・ブルース

たいていが突っこみどころ満載になる時間旅行モノにしては珍しく、もう1回見たくなるくらいに脚本が見事。

DVDイメージ
2005年/日本/107分/コメディ
監督/本広克行「踊る大捜査線シリーズ」
音楽/HALFBY

あらすじ

とある大学の夏休み。SF研究部員の拓馬らは、部室ではしゃいでいる時に誤ってエアコンのリモコンを壊してしまった
。翌日、拓馬らは部室で「日付と年月、過去と未来が選択できる装置がついている」見慣れない機械を見つける。「これって、タイムマシンじゃね?」テンションが上がった一同は昨日に戻り、壊れていないリモコンを取ってこようと試みる。

出演
瑛太=拓馬
佐々木蔵之介=ホセ/SF研究部の顧問
上野樹里=春華/カメラ部の部員その1
真木よう子=伊藤唯/カメラ部の部員その2

感想

評判が良かったことと、時間旅行ものが見たかったので鑑賞しました。

学生らのお気楽なノリが好みのわかれるところですが、たいていが「都合の悪い過去を変えようとする」他の時間旅行モノの映画とは違って「過去を変えようとしないこと」が新鮮で面白かったです。

普通の時間旅行モノなら、大体こういうパターンだと思うんですよ。

1.マズいことがある→過去を変える→もっとマズいことになる→どーしよ・・。
例)「時をかける少女」「バタフライ・エフェクト
2.マズいことがある→過去を変える→良くなった!
例)「バック・トゥ・ザ・フューチャー

それがこの映画の場合だと、
過去を変えちゃった→変えたらアカんでしょ→元に戻そう!
という流れで、つじつま合わせに奔走するんですよ。

最初の30分は導入部分という感じでちっとも面白くないんですけど、つじつま合わせが始まってからは一気に面白くなります。

「これって一体どういうことなの?」「あ〜、ココにあれがなかったのはそういうことだったのか」と、最初はチンプンカンプンだった謎が少しずつ明かされていく流れには目が離せませんでした。

1回目では気づかなかった新たな発見があるので、もう1回見る楽しさがあるのもいいですね。ちなみに、本作はもともと同タイトルの舞台が好評だったことがきっかけで映画化されたそうです。


作品オススメ度 ★★☆ 楽しめた

関連作品 時間旅行モノとかサスペンスとか
ミッション:8ミニッツ
マシニスト
ES(エス)
アウェイク
月に囚われた男

邦画へ|★★☆へ



舞台版




トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ