トップさ行/★★★/アニメサマーウォーズ 

サマーウォーズ

「人気あるみたいだけど、どうせファミリー向けのアニメでしょ?」とタカをくくっていたらムチャクチャ面白かった件

BRイメージ
2009年/日本/115分/アニメ
監督/細田守「時をかける少女」
音楽/松本晃彦
キャッチコピー「つながりこそが、ボクらの武器」

あらすじ

仮想世界・OZ(オズ)では自分の分身・アバターを利用して世界中の人とつながることができる。OZでは買い物やゲームだけでなく、納税や他の行政手続きをすることもできる。
ある日、物理学部の高校生・健二はあこがれの先輩・夏希の依頼で彼女の実家・陣内家へ数日間アルバイトに行くことになる。
陣内家についた健二は夏希からアルバイトの内容を知らされる。
それは「もうすぐ90歳になる曾祖母・栄に今度彼氏を連れてくると嘘をついてしまったから、おばあちゃんや親戚の前で私の彼氏のフリをして欲しい」というものだった。



声優
神木隆之介=小磯健二
桜庭みなみ=夏希
横川貴大=佐久間敬/健二の友人
富司純子=陣内栄
斎藤歩=陣内侘助(わびすけ) 

感想

あらすじだけだとどういう映画なのかが分かりにくいかと思いますので、本作のストーリーを簡単にまとめ。

「OZ」というネット上のサービスを利用することでほとんどのことができる世界観の中、OZのシステムが何者かに乗っ取られる。
その結果カーナビが故障して道路が渋滞したり、イタズラまがいの119番通報が多発したりと、世界中が大混乱に陥る。
そこに健二や陣内家のみなさんが巻き込まれて、トラブルを解決するためにOZのシステムを乗っ取った何者かと戦うことになる。


こんな感じの映画です。「OZ」っていうのは、フェイスブックやtwitterなどのSNSが今以上に発展したものとイメージしていただければOKです。


OZでは自分専用のアバターを作って世界中の人とコミュニケーションをとることができる。



スポーツやビジネスをすることも可能。このあたりはオンラインゲームのような感じですね。


・・っとまあ前置きが長くなってしまいましたが、この映画は私が見る前に予想していたよりもはるかに面白かったです。

・キングカズマというOZ世界のヒーローとOZを乗っ取った「何者か」との迫力ある格闘戦。

・世界中で起こっている混乱を少しでも何とかするために各所のお偉いさんに叱咤激励の電話をかける陣内家の当主・栄おばあちゃんの凛とした格好良さ。

・「空から衛星が原子力発電所めがけて落下してくる。日本ヤバイ、世界ヤバイ」という絶望的な状況の中、健二らがOZを乗っ取った「何者か」に対して真正面から戦いを挑む胸アツな流れ。


などなど、見る前は「高校生の甘酸っぱい恋愛モノ映画」だと思っていたんですけど、それだけではなく、泣けるシーンあり、感動ありと面白いところが盛りだくさんでした。

何といっても、陣内家の当主・栄おばあちゃんの言動の数々が心に響きました。




その中でも、何年も前に陣内家を出て行った孫・陣内侘助に対しての「あんた、ご飯食べたのかい?」というセリフからは「あ〜、おばあちゃんや母親って、久しぶりに会った時に絶対このセリフを言ってくるよなあ」と、長らく会っていない家族のことを思い出し、なんだか切なくなりました。

年配の方の言葉って、長生きしているだけあって、ちょっとしたひと言ひと言に重みがありますよね。

終盤でヒロインの夏希が周りのみんなに応援されながら繰り広げる花札バトルは、直前の栄おばあちゃんの言葉もあってか、最高に盛り上がりました。


敵のラスボス感がハンパないっす



「家族VS強大な敵」という構成がベタだけどナイス。





最初はただの青春アニメだと思っていた私も、花札バトルでのあまりに胸熱な展開には、思わず泣きそうになってしまいました。

専門用語がたくさん出るわけではないので、「SNSとか難しそう・・」という方でも大丈夫です。有名な作品ですし、今さらではありますが、たくさんの人に見て欲しいと思う映画です。




それにしても、数年後の日本はこのアニメみたいにネットとSNSで何でもできる世界になっていそうですよね。そう考えると怖いというよりも、ついていけるかどうかが不安です。

関連動画:The Summer Wars
山場で流れるカッコいい曲。


作品オススメ度 ★★★ おすすめ

関連作品
ソーシャル・ネットワーク
パプリカ 夢の世界を映像化したら。
メリーに首ったけ 甘酸っぱい恋愛映画。
ウォルター少年と、夏の休日
マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

アニメへ|★★★へ

うんちく:映画に登場した陣内家のモデルは真田家?

夏希の実家・陣内家は本編では「武田家家臣の末裔」という設定なんですけど、調べてみたところ、真田家がモデルのようです。

真田家ははじめ武田信玄の家臣として仕え、武田氏滅亡後は独立。信濃の国(長野県)の上田城で徳川の大軍を二度にわたって退けたこと(上田合戦)で知られています。
真田といえば、一般的には1615年の大阪夏の陣で豊臣方につき、徳川家康を追い詰めた真田信繁(幸村)が有名ですね。

真田家がモデルになっていることもあってか、本編・中盤でチラっと出てくる栄おばあちゃんの電話帳には「武田二十四将」といわれる、信玄配下の武将をもじったと思われる名前がチラホラありました。



上から
・板垣重信→板垣信方?
・飯富権兵衛→飯富虎昌?
・山本勘兵〜→山本勘介?
・小幡〜→小幡昌盛?
・穴山清〜→穴山信君?
・甘利信虎→甘利虎泰と武田信虎(信玄の父)のチャンポン?




<関連>
作業用のBGMにおすすめのサントラ10選
読書のおともにおすすめのサントラ9選




トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ