トップさ行/★★★/アクション・SFザ・ロック

ザ・ロック

ショーン・コネリーとニコラス・ケイジが共演しているだけでお腹がいっぱいになれる。

BRイメージ
1996年/アメリカ/136分/アクション
原題/The Rock
監督/マイケル・ベイ「アルマゲドン」
音楽/ハンス・ジマー

あらすじ

アメリカ海兵隊の英雄・ハメル准将は、これまで国のために身を粉にして戦ってきたのに十分な恩赦がなかったことに対して怒っていた。
カチ切れたハメルはアルカトラズ島にあるザ・ロックという刑務所を占拠し、観光客の民間人81名を人質にとった。
ハメルは政府に現金1億ドルを振り込むように指示し、要求が通らなかった場合はサンフランシスコに毒ガス爆弾を打ち込むと脅迫した。
政府は事態の解決に化学兵器のスペシャリスト、スタンリー・グッドスピードとザ・ロックから脱獄した経験のある伝説の囚人、ジョン・メイソンを起用する。



出演
ニコラス・ケイジスタンリー・グッドスピード
ショーン・コネリー=ジョン・メイソン
エド・ハリス=フランシス・ハメル准将
デヴィッド・モース=トム・バクスター少佐
ジョン・スペンサー=ウォマック長官

感想

アンタッチャブルで有名な実在の人物、アル・カポネが収容されていたアルカトラズ刑務所が舞台になった映画ですね。

感想ですが、なんと言っても、伝説の囚人ジョン・メイソンを演じたショーン・コネリーが格好よすぎました。



公開当時66歳と高齢なこともあってか、アクションこそ控えめだったんですけど、それを補ってあまりあるくらいの渋さ&存在感がハンパなかったです。




味方のモブキャラから「あいつは脱走の天才だ」「忘れるんだ、あいつは存在していない」「危険な男だ」などとチートじみた評価をされていたのも良かったです。

ところどころに出てくる、ショーン・コネリーの重みのある言葉の数々も印象的でした。


「ベストを尽くす」というニコラスの発言に対して。まあたしかに、「頑張りましたけどダメでした」ではお話になりませんからね。


ショーン・コネリーだけではなく、彼の相方をつとめたニコラス・ケイジ(というかこっちが主役?)もまたいいキャラをしていました。

年配&経験豊富ということもあってか、普段はショーンの方が立場が上なんですけど、毒ガス爆弾をさわるときなど、ここぞというときには2人の立場が逆転するのが面白かったです。


ニコラスに神経毒の恐ろしさを教えてもらってガクブルのコネリーさん。



中盤では、ショーンとニコラスのちょっとしたカーチェイスも。というか、このときに流れる曲The Chase(youtube)が鬼のように格好いいんです。


とまあ、ストーリー自体は派手にドンパチやって気持ちの良いハッピーエンドという、典型的なハリウッド映画のそれなんですけど、主役2人や敵役のエド・ハリスの演技力のおかげもあってか、何年かに1度は見てしまう、個人的にお気に入りの映画です。


日本語字幕が適度に荒ぶっているのもナイス。エド・ハリス准将はこんなに好戦的なキャラじゃないんですけどね(笑



バカスww


作品オススメ度 ★★★ おすすめ

関連作品
ダークナイト 音楽を担当したのは本作と同じハンス・ジマー。
グラディエーター 〃
コン・エアー ニコラス・ケイジ主演。
ミーン・マシーン
ショーシャンクの空に

洋画アクション〜へ|★★★へ







トップへ|ページ上部へ|投稿日:2014/4/7

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ