トップあ行/★★☆/ドラマ・コメディイエスマン ”YES”は人生のパスワード

イエスマン ”YES”は人生のパスワード

「NO」よりも「YES」と答えた方が良いことがある。そう思えるムチャぶり映画。

DVDイメージ
2008年/アメリカ/104分/コメディ
原題/Yes Man
監督/ペイトン・リード
音楽/ライル・ワークマン、マーク・オリヴァー・エヴァレット
原作/ダニー・ウォレス

あらすじ

銀行員のカールは、仕事でもプライベートでもヘタな言い訳と「No」ばかり言っているさえない男である。ある日、カールは友人に誘われたうさんくさいセミナーでどんなことにも「YES」と答える誓約をしてしまう。

出演
ジム・キャリー=カール・アレン
ズーイー・デシャネル=アリソン
ブラッドレイ・クーパー=ピーター(ピート)/カールの親友
リス・ダービー=ノーマン(ノーム)/カールの上司

感想

本作はイギリスの作家ダニー・ウォレス氏の実体験を元にして作られた映画です。

映画の主人公カールはロクに審査もせずに融資を乱発したり、橋からバンジージャンプをしたりとかなりのムチャをやりますが、ウォレス氏ご本人も実際に「車を買わない?」なんて質問や「スパムメールの勧誘」にも「イエス!」と答え続けたそうです。

どんなことにも「イエス」と答えるって、お金や時間のことを考えただけでも末恐ろしい気持ちになりますが、2、3日くらいなら「面白そうだし、ちょ、ちょっとくらいならやってみてもいいかな?」とも思います。いや、やっぱり嫌ですね。

映画本編も、そんな「もしも」がたっぷりの内容でした。

ホームレスを車で送って悲惨な目にあって「ハア!?」と思っていたら、その後においしいことがあったり、いつの間にか友達がたくさんできていたり。

「それはさすがにないっしょー」というご都合主義的な展開も多いんですけど、現実でも「ノー」と答えるよりは「イエス」と答えた方が気持ちがいいですし、いいこともたくさんあるような気がしますね。

仕事や学校なんかでちょっと疲れた時に見ると元気をもらえそうな映画かなあと思います。個人的には、ヒロイン役のズーイー・デシャネルがかわいかったことと、良い挿入歌がたくさん流れただけでお腹いっぱいです。

イメージ1
カールの親友・ピーターはとっても男前。


参考動画:ミュンヒハウゼン症候群/Uh-Huh
アリソンこと、ズーイー・デシャネルが歌う挿入歌。


作品オススメ度 ★★☆ 楽しめた

関連作品 疲れた時に見ると良さそうな映画。
最高の人生の見つけ方
イキガミ
裸の銃を持つ男1、2、3
フル・モンティ
ロスト・イン・トランスレーション

洋画ドラマ〜へ|★★☆へ



<Amazon>
イエスマン “YES”は人生のパスワード 特別版 [DVD]
イエスマン “YES”は人生のパスワード/ダニー・ウォレス(単行本)


挿入歌・サントラについて
サントラ

サントラには映画の中での架空のバンド「ミュンヒハウゼン症候群」の楽曲が4曲収録されています。

ジム・キャリーが中盤でギター片手に歌ったサード・アイ・ブラインドの挿入歌「Jumper」は真ん中のアルバムの4曲目に、終盤、ジム・キャリーがバイクで疾走するシーンで流れたジャーニーの挿入歌「セパレート・ウェイズ」は右のアルバムの9曲目に収録されています。

どうせだったら、全部サントラに入れて欲しいものですね。




トップへ|ページ上部へ|投稿日:2013/2/11

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ