トップや・ら・わ行/★★★/邦画ゆれる 

ゆれる

有罪か無罪かどっちなんだ。そう思わせる、香川照之の演技がスゴすぎる。

DVDイメージ
2006年/日本/119分/ドラマ
監督・脚本/西川美和
音楽/カリフラワーズ

あらすじ

東京でカメラマンをしている早川猛は母の法事で帰省する。猛はガソリンスタンドを経営している兄・稔と幼馴染の智恵子の3人で、近くの渓谷に遊びに行く。しかし、猛がひとり散策している時に智恵子が吊り橋から落下してしまう。そばにいた稔は殺害容疑で逮捕される。事件現場を目撃した猛は必死に稔をかばおうとするが、裁判が進むにつれてその心はゆれ動く。

出演
オダギリジョー=早川猛
香川照之=早川稔
真木よう子=智恵子
伊部雅刀=早川勇/稔と猛の父

感想

脳みそが筋肉でできた映画ばっかりみてる私には、「自分には難しいかな? 登場人物間の細かい心理描写についていけるかな?」と、多少の不安を感じながら鑑賞しました。

でもこの映画はとても見やすかったので、そんな私でも話にスイスイ入ることができました。

なんと言っても、香川照之の演技がスゴいのひとことです。この手の映画では、途中でおおよその真相が予想できてしまうことが多いと思うんですよね。

それが本作では、香川照之ののらりくらりとした神がかった演技のおかげで「黒なのか、白なのか、・・どっちなんだ!?」と、最後まで予想することができません。かく言う私も画面に釘付けになり、食い入るように見てしまいました。

オダギリ・ジョーが演じた弟・猛の揺れ動く心情にも共感できるところが多いです。人間関係って、ささいなことから崩れることがありますよね。

片方が楽しいと思う時は、もう片方が死ぬほど我慢していることもあったり。でも、楽しんでいる側は、我慢している側が死ぬほど我慢していることに気づいていなかったり。

私はこの映画の猛を見ながらふと、そんな「上手くいかなかった過去の人間関係」を思い出してしまいました。あっ、私はもちろん、死ぬほど我慢されていた側です。

大切な人との人間関係のもつれって、後で悪いことをしたと思い、謝ろうとしても、その時には取り返しがつかなくなっていることが多いんですよね (´;ω;`)

単純に推理モノとしても楽しめますし、過去の人間関係を思い出し、物思いにふけりながら見てみるのもいいかもしれませんね。本作はそんな、ちょっとした1シーンにこめられた行間を読み、いろいろと想像するのが楽しい映画です。


作品オススメ度 ★★★ おすすめ

関連作品
カイジ 人生逆転ゲーム 香川照之出演。
ロスト・イン・トランスレーション この映画が楽しめたなら。
バッファロー’66 主人公の心情の描き方がいい。

邦画へ|★★★へ



<Amazon>
ゆれる [DVD]
ゆれる/西川美和 (ポプラ文庫)
ゆれる オリジナルサウンドトラック

カリフラワーズの主題歌「うちに帰ろう」はサントラの1曲目に収録されています。




トップへ|ページ上部

Menu

ジャンル
洋画 アクション・SF
洋画 サスペンス・ホラー
洋画 ドラマ・コメディ
邦画
アニメ
面白さ
★★★ おすすめ
★★☆ 楽しめた
★☆☆ イマイチ
ランク外 B級、バカ、他
50音順
    
    
  や・ら・わ

運営
プロフ画像
管理人
映画やサントラのことを細々と書いています。ゆっくりしていってくださいね。
コラム
リンク・お問い合わせ